NASAがアメリカの宇宙船に搭乗するクルーを発表

0

    NASA Assigns Crews for Commercial Spacecraft

     

    NASAはボーイング社が開発中の有人宇宙船CST-100スターライナーと、スペースX社が開発中の有人宇宙船クルードラゴンの試験飛行のクルーを発表しました。また、試験飛行後の最初のミッション飛行に搭乗する宇宙飛行士も発表しました。

     

    20180804_01.jpg

     

    2011年にスペースシャトルが退役して以来、NASAは国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙輸送を民間企業によって行うプログラムを推進し、ボーイング社とスペースX社が宇宙船を開発してきました。

     

    NASAはまた、これらの商業有人宇宙船による飛行に向け、4人のベテラン宇宙飛行士をコマーシャル・クルー・アストロートとして指名しました。ボブ・ベンケン、エリック・ボウ、ダグ・ハーリー、サニータ・ウィリアムズです。ベンケンはスペースシャトルで2回の飛行(STS-123STS-130)を行いました。ボウはスペースシャトルの2回の飛行(STS-126STS-133)でパイロットをつとめました。ハーリーはスペースシャトルの2回の飛行(STS-127STS-135)でパイロットをつとめました。ウィリアムズは2回のISS長期滞在を行い、通算宇宙滞在は322日に達します。

     

    20180804_02.jpg

     

    CST-100(右)とクルードラゴン(左)の開発は最終段階に入っており、2019年に国際宇宙ステーションへの有人試験飛行および最初のミッション飛行が行われる予定です。そのため、今回のクルー発表に至ったわけです。

     

    CST-1002018年末か2019年はじめに無人の試験飛行(オービタル・フライト・テスト)を行い、20195月に有人の試験飛行(クルー・フライト・テスト)を予定しています。宇宙船はアトラスVによって、ケネディ宇宙センターから打ち上げられます。有人試験飛行のクルーは、エリック・ボウ、ニコール・マン、クリス・ファーガソンです。マンはNASAのクラス2013の宇宙飛行士で、海兵隊のF/A-18 のパイロットでした。これが初飛行です。ファーガソンはスペースシャトルの最後のフライトであるSTS-135のコマンダーでした。ファーガソンはその後、NASAを引退し、ボーイング社に移ってCST-100の開発に加わってきました。

     

    クルードラゴンは201811月に無人の試験飛行(デモ1)を行い、20194月に有人の試験飛行(デモ2)を予定しています。宇宙船はファルコン9によって、ケネディ宇宙センターから打ち上げられます。有人試験飛のクルーはダグ・ハーリーとボブ・ベンケンです。

     

    CST-100とクルードラゴンの定員は7人で、ISSへの最初のミッション飛行のクルー全員が決まっているわけではありません。

     

    ボーイングのCST-100の最初のミッション飛行のクルーとして、今回、サニータ・ウィリアムズとジョシュ・カサダが指名されました。カサダはクラス2013の宇宙飛行士で物理学の専門家でした。これが初飛行になります。クルードラゴンの最初のミッション飛行のクルーとしては、今回、マイケル・ホプキンズとヴィクター・グローヴァーが指名されました。ホプキンスはクラス2009の宇宙飛行士で、第37/38次のISS長期滞在クルーでした。グローヴァーはクラス2013の宇宙飛行士で、空軍のF/A-18 のパイロットでした。これが初飛行となります。

     

    20180804_03.jpg

     

    CST-100とクルードラゴンを背景にした上の写真で、左からサニータ・ウィリアムズ、ジョッシュ・カサダ、エリック・ボウ、ニコール・マン、クリス・ファーガソン、ダグ・ハーリー、ロバート・ベンケン、マイケル・ホプキンス、ヴィクター・グローヴァーです。この写真が私にとって印象的なのは、STS-135のコマンダーだったファーガソンとパイロットだったダグ・ハーリーがセンターに立っていることです。

     

    スペースシャトル最後のフライトのコマンダーとパイロットを含むシャトル時代のベテラン宇宙飛行士と、ポストシャトル時代の新世代の宇宙飛行士の組み合わせは、アメリカの有人宇宙飛行に新しい時代が訪れつつあることを実感させます。

     

     


    iPS細胞によるパーキンソン病治療が臨床試験へ

    0

      Parkinson’s Disease TreatmentGo for Clinical Trial with iPS Cells

       

      iPS細胞を用いたパーキンソン病治療の臨床試験(治験)が、京都大学で行われることになりました。京都大学からの正式な発表はまだありませんが、報道によると、iPS細胞からつくった細胞を数人のパーキンソン病患者に移植し、約2年にわたって安全性や効果を確認します。この治療に用いられる細胞は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の高橋淳教授のグループによって作製されたものです。

       

      20180730_01.jpg

       

      パーキンソン病は脳内のドーパミンという物質が少なくなることにより、手足の震えやこわばり、体が思うように動かないなどの症状が起きる進行性の難病です。ドーパミンをつくっているのは、中脳の黒質という部分にあるドーパミン神経細胞です。この細胞が減ることによって脳内のドーパミンが減少し、パーキンソン病が引き起こされるのです。

       

      iPS細胞を用いたパーキンソン病の治療は、ヒトのiPS細胞からつくったドーパミン神経細胞を患者の脳に注射で移植することによって行われます。ドーパミンは黒質でつくられた後、線条体という部分に移動してから脳内に分泌されます。そこで、iPS細胞から作製したドーパミン神経細胞は、患者の線条体に移植されます。高橋教授は、これまでサルやラットでの実験で、治療の効果や安全性を確認してきました。

       

      パーキンソン病の原因はまだ分かっていません。病気が進行すると、患者は要介護や寝たきりの状態になってしまいます。iPS細胞による治療は、病気の根治を目的としたものではなく、減っていくドーパミン細胞を補充することによって病気の進行を抑えるというものです。この治療法が確立すれば、パーキンソン病の薬物治療との併用によって、病気の進行を食い止め、患者が不自由な生活を送ることを防ぐことができると期待されます。

       


      火星全球をおおう大規模な砂嵐

      0

        Dust Storm on the Red Planet

         

        5月末に発生した火星の大砂嵐は6月には全球をおおってしまいました。このような大規模な砂嵐は火星では68年(34火星年)に1回発生しています。おそらく8月まで、このような状態がつづくとみられます。

         

        20180725_01.jpg

         

        現在、火星表面ではNASAのオポチュニティとキュリオシティが活動しています。オポチュニテイは太陽電池で発電してエネルギーを得ていますが、火星の空は細かい砂におおわれ、表面は暗くなっています。そのため、オポチュニティは発電ができず、すべての活動を停止しています。9月になって砂嵐が収まってくれば、発電が可能になりますが、太陽電池板の上に細かい砂が降り積もり、発電効率がかなり落ちてしまう心配があります。

         

        一方、キュリオシティは電源に原子力電池を用いているので、活動に支障をきたすことはありません。土壌のサンプル調査のほか、砂嵐自体の科学観測も行っています。下の画像は615日に撮影したキュリオシティの「自撮り」写真です。

         

        20180725_02.jpg

         

        火星周回軌道上ではNASAMRO、マーズ・オデッセイ、MAVENが砂嵐を観測しています。火星の砂嵐をこれだけの数の探査機が表面と軌道上から同時観測するのは初めてのことです。大規模な砂嵐の原因はまだ分かっていませんが、今回の観測によって貴重な知見が得られる可能性があります。


        熱帯化する日本列島

        0

          各地で記録的な猛暑が続いています。こうした高温現象は地球温暖化という長期的な気候変動が背景にあり、今後の日本列島では、これまで経験したことのない猛暑が日常的になると考えられます。

           

          20180719_01.jpg

           

          下は、気象庁が発表している日本の年平均気温の推移です。長期的な気温上昇傾向がみられ、特に1990年以降の気温上昇が顕著です。

           

          20180719_02.jpg

           

          下は、NASAが発表している全世界の年平均気温の推移です。同じ傾向がみられます。

           

          20180719_03.jpg

           

          このように、地球は地球温暖化によるはげしい気候変動の時代に入っているといえます。年平均気温が上昇すると、なぜ最近のような高温現象が起こるのかは、以下のグラフで理解することができます。

           

          下は、NASAが発表している1951〜1961年の北半球夏の最高気温の分布です。青い部分は最高気温が低かった日の分布、赤い部分は最高気温が高かった日の分布です。多くの日は中央の平均値をはさむグレーの部分に集中し、全体はいわゆる正規分布の形になっています。

           

          20180719_04.jpg

           

          下は、2001〜2011年の北半球夏の最高気温の分布です。地球温暖化によって分布が全体として右、すなわち高温側にシフトしていることが分かります。1951〜1961年の青い部分は少なくなり、1951〜1961年にはなかった赤い部分が増えています。

           

          20180719_05.jpg

           

          上のグラフの右端、すなわち標準偏差が3〜5の部分は、1951〜1961年には観測されなかった非常に高温の日です。現在の記録的猛暑は、まさにこの部分に該当しているのです。非常な高温現象は一時的なものでなく、年平均気温が上昇すれば必ず出現する現象であることが、お分かりになると思います。熱帯化する日本列島で、これまではなかった猛暑にいかにして対処するか、長期的な取り組みが必要です。


          「平成30年7月豪雨」は地球温暖化の影響

          0

            Severe Precipitation and Global Warming

             

            「平成307月豪雨」は近年まれにみる激烈な豪雨となり、九州、四国、中国、近畿地方に大きな被害がもたらしました。下はJAXAの衛星全球降水マップGSMaPで見た762000分から2059分の日本列島周辺の降雨の状況です。九州、四国、中国地方に集中した降雨が見られます。

             

            20180712_01.jpg

             

            下はGSMaPによる751000分から8959分までの72時間の積算降水量です。

             

            20180712_02.jpg

             

            今回の豪雨は日本列島に接近した台風7号が、停滞していた梅雨前線に湿った空気を大量に送りこんだために発生しました。日本列島では6月、7月に、北上してきた台風が梅雨前線を刺激して豪雨をもたらすことがよく起こります。しかし、今回の豪雨はこれまでとは比較にならないくらのはげしさでした。

             

            近年日本で、非常に強い降雨が増加していることは、気象庁の統計からも明らかです(もちろん、これは日本だけの傾向ではありません)。それぞれの豪雨が発生する原因は、その時の気圧配置や海面温度などによって説明が可能ですが、その背景を考えた場合、こうした豪雨が多発するのは地球温暖化の影響によるものと考えて間違いありません。大気中に存在できる水蒸気量の上限を飽和水蒸気量といいます。気温が1℃上昇すると、飽和水蒸気量は約7%増加します。気温が上昇すると、大気中に含まれる水蒸気量が増え、その結果、激烈な降雨が発生するわけです。

             

            世界の平均気温は上昇傾向を維持しています。今回のような豪雨はこれからも発生するでしょう。これまでの防災対策では間に合わない規模の災害がもたらされる可能性が高く、さらなる対策が必要になります。

             


            キュリオシティが火星で複雑な有機物を発見

            0

              Curiosity Finds Ancient Organic Materials

               

              NASAは火星ローバー、キュリオシティが採取した岩石サンプルから何種類もの複雑な有機物を発見したと発表しました。

               

              20180609_01.jpg

               

              キュリオシティは着陸したゲール・クレーター内を移動しながら調査を続けています。火星には太古、豊富な水が存在しました。ゲール・クレーターも35億年ほど前には湖だったと考えられています。今回、有機物が発見されたと発表された岩石はこの時代の泥岩です。火星に原始的な生命が存在していたかもしれないと考えられている時代の泥岩から有機物が発見されたわけです。

               

              キュリオシティはドリルで岩石に深さ5cmほどの穴を明けてサンプルう採取し、SAMという装置で加熱し、出てきたガスの質量分析をしました。『サイエンス』誌に掲載された論文によると、チオフェン、2-メチルチオフェン、3-メチルチオフェン、メタンチオール、ジメチルスルフィド、ベンゾチオフェンなどが検出されました。ただし、これらの有機物が生命起源であるのか、それとも自然起源であるのかは、今回の調査では結論がでません。

               

              今回の発見により、非常に古い時代につくられた有機物が火星表面近くに分布している可能性が示唆されます。ただし、火星の表面は宇宙放射線や紫外線などの照射にさらされており、有機物は分解したり、変質してしまいます。照射の影響のない深い箇所からサンプルを採取すれば、火星の生命に関するより具体的な情報が得られて可能性があり、将来の火星探査に期待がかけられます。



              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << July 2019 >>

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              書いた記事数:115 最後に更新した日:2019/06/13

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM