『サリュート 7』:ソ連時代の宇宙開発を楽しむ

0

    Salyut 7CCCP in Space

     

    ソ連時代の宇宙ステーション、サリュート7号のレスキュー・ミッションを題材にした『サリュート 7』を観てきました。素晴らしい映画でとても楽しめました。

     

    20180123_01

     

    もちろんこの作品は完全なドキュメンタリー映画ではありません。実際に何があったかは、ここここここを読んでいただければ、おわかりになると思います。

     

    『サリュート 7』について少しふれると、この作品で重要な役割を演じている管制センター(TsUP)のフライト・ディレクターは、宇宙飛行士のワレリー・リューミンがモデルになっています。サリュート内がどのくらい寒いかを調べるために唾をはくシーンが出てきますが、実際にあったエピソードのようです。サリュート内に隠してあったウォッカを飲むシーンも出てきました。現在の国際宇宙ステーション内ではアルコール禁止です。ソ連時代の宇宙ステーションでも禁止されていましたが、宇宙飛行士はひそかにウォッカやブランデーを持ちこんでいました。宇宙飛行士本人から聞きましたから、間違いありません。時代は違いますが、ソユーズ1号のコマロフと妻ワレンチナの会話のエピソードも使われています。

     

    地上から送られてきた音楽は、Zemlyane(ゼムリャーネ)の「トラヴァ・ウ・ドーマ」(わが家の芝生)です。今でも宇宙飛行士がコスモノート・ホテルを出発する際に必ず流される音楽です。コスモノートのテーマソングといえるでしょう。

     

    エンドロールでは、ソユーズT-13号ミッションのフッテージが流され、ジャニベコフやサビヌイフ、そしてリューミンなどの姿が見られました。久しぶりにソ連の宇宙開発の世界にひたることができました。こうした映画を観ると、長い間、宇宙開発を取材してきてよかったと思います。


    サリュート 7:危険に満ちたレスキュー・ミッション(3)

    0

      Salyut 7Risky Rescue Mission (3)

       

      ソユーズT-13号のクルーは、サリュート7号との危険なドッキングに挑戦しなければなりませんでした。

       

      20180122_01.jpg

       

      通常の飛行では、ソユーズ宇宙船はまず地上から送られてくる追跡データをもとにサリュートに接近していきます。ソユーズとサリュートの距離が2025kmになると、自動ドッキング装置イグラが作動し、サリュートとソユーズは位置情報を交換しながら最終接近し、自動でドッキングします。しかし、今回はソユーズが単独で最終接近とドッキングを行わなくてはなりません。ジャニベコフはサリュートから距離3kmまで来たところで、操縦をマニュアルに切りかえました。ソユーズの姿勢をサリュートに対して横向きにし、窓からサリュートを目視しながら、少しずつ接近していきます。サビヌイフは刻々と変化するレーザー測距計の計測値をコンピューターに入力し、軌道計算をし続けました。

       

      ジャニベコフは距離200mまで接近したところでソユーズT-13号を停止させ、TsUPからの指示を待ちました。許可がでると、ジャニベコフは再び接近を開始し、サリュートの前部ドッキングポートの真正面にソユーズを移動させました。サリュートの姿はビデオカメラの画面と、コマンダー席にあるペリスコープでとらえることができます。その後、ジャニベコフはソユーズに回転を与えてサリュートの回転に合わせると、ゆっくりとソユーズを前進させました。

       

      この時の交信記録が残っています。「距離200m。エンジン作動。秒速1.5mでステーションに接近中。ステーションの回転はノミナル、安定している。捕捉した。われわれの回転を始める。太陽の位置が悪くなってきた・・・少し良くなった。ドッキング・ターゲットの軸が一直線になった・・・減速・・・コンタクト待ち」。ジャニベコフの言葉に続き、サビヌイフがTsUPに連絡してきました。「コンタクト。ドッキングした」。サリュートとソユーズは夜の領域に入っていましたが、ドッキングは最初の試みで見事に成功しました。

       

      2人はソユーズのハッチを空けました。まずサリュートのエアロックのハッチにあるピットホールを空けて、ソユーズとエアロックの気圧を等しくします。次にエアロックのハッチを開いて内部に入り、サリュート側のハッチのピットホールを空けて、内部の空気をサンプリングしました。有毒なガスが含まれていないかを調べるためです。有害ガスは認められませんでしたが、TsUPは念のため、2人がサリュート内に入る際にはガスマスクを着用するよう指示しました。防寒具を着用しガスマスクを着用した2人は、安全を確かめながらサリュート側のハッチを空けると、内部に入りました。

       

      サリュートの電源は切れ、内部は真っ暗でした。ひどく寒く、−10Cほどだったといわれています。水は凍っており、生命維持装置は動きませんでした。テーブルにはソユーズT-10 号のクルーが残していったクラッカーと塩のタブレットが置かれていました。新しく来たクルーを歓迎するためのロシアのしきたりです。

       

      ジャニベコフとサビヌイフは、わずかな小休止と体を暖めるためにソユーズに戻る以外は、ほぼ24時間働き続けました。「無重量状態では、生命維持装置のファンが動かないと、自分の吐いた炭酸ガスが大きなボールのようになって自分を包んでしまう。すると頭が痛くなり、手足が重くなり、眠くなる」と、ジャニベコフは語っています。そのため、作業は1人がサリュート内で行い、もう1人はソユーズで待機するという方法で行われました。サリュート内の作業で二酸化炭素中毒の症状が現れた場合、もう1人がすぐに救出できるようにするためです。下の画像は、サリュート7号にドッキングしたソユーズT-13号内のジャニベコフです。

       

      20180122_02.jpg

       

      下の画像は、サリュート内で作業するサビヌイフです。

       

      20180122_03.jpg

       

      サリュートには8個のバッテリーが積み込まれていました。そのうち6個は再充電が可能な状態でした。2人は太陽電池パネルからのケーブルをバッテリーに直接接続しました。こうした細かい作業は手袋をしていては能率が良くないため、2人は寒いにもかかわらず素手で作業をしたといいます。2人には急ぐ必要がありました。彼らが持ってきた水の量に限りがあり、それが尽きない間にサリュートを復旧させなければ、彼らは作業を中止して帰還しなければならなかったのです。

       

      太陽電池パネルとバッテリーの接続が終わると、ジャニベコフはソユーズを操縦し、太陽電池パネルが太陽の方向を向くようにサリュートの姿勢を変えました。1日後に5個のバッテリーの充電が終わり、2人はそれらをサリュートの電源系統に接続しました。スイッチを入れると、サリュート内の照明がつきました。サリュートのシステムは1つずつ復旧していき、613日、TsUPはサリュートとのコンタクトを回復しました。

       

      20180122_04.jpg

       

      ジャニベコフとサビヌイフは船外活動を行って、追加の太陽電池パネルを2枚、設置しました。また、交換が必要な部品や生活物資がプログレス補給船で運ばれてきました。

       

      こうして、サリュートは機能を回復しました。後の調査で、サリュートが電源を喪失した原因は、バッテリーがフル充電状態になると、太陽電池パネルとの接続をシャットダウンするセンサーの1個の不具合にはじまり、いくつかの事象が連鎖的に起こったためであることがわかっています。

       

      1985918日、ソユーズT-14 号がサリュートにやってきました。ジャニベコフは110日を宇宙で過ごし、ソユーズT-14 号でやってきたゲオルギー・グレチコとともに、926日にソユーズT-13号で地球に帰還しました。一方、サビヌイフは宇宙滞在を続けました。

       

      危険でこみいった任務を終えて、ジャニベコフは星の町に戻ってきました。下の画像は、星の町で行われた歓迎の様子です。当時はクルーが宇宙から帰還すると、こうしたセレモニーが行われていました。一番右がジャニベコフ、その隣は2人の娘インナとアリョーナ、そして妻のリリヤ、その左はグレチコとその家族です。きびしい訓練の合間に、ジャニベコフはよく妻や娘たちと近くの森に散歩に出かけたものでした。

       

      20180122_05.jpg

       

      過去5回の飛行でとれが最も困難であったかと聞かれて、ジャニベコフは次のように答えています。「たやすい宇宙飛行というものを期待してはいけません。現在も、近い将来も。宇宙飛行はきわめてコストがかかるので、限られた数の人間が非常に多くの役割をこなさなければならないのです」。

       

      その困難な宇宙飛行の意義を、彼は次のように語っています。「ガガーリンは初めて宇宙を飛んだ。チトフは初めて24時間も宇宙にいた。レオノフは初めて宇宙遊泳をした。彼ら以前には不可能だったものが、彼ら以後には可能になったのです。不可能から可能へのこの飛躍こそが進歩を実現し、未知の壁を打ち破るのです」。

       


      サリュート 7:危険に満ちたレスキュー・ミッション(2)

      0

        Salyut 7Risky Rescue Mission (2)

         

        ウラジーミル・ジャニベコフ(右)とビクトル・サビヌイフ(左)に与えられた任務は、漂流しているサリュート7号に乗り移り、すべての機能を回復させることでした。

         

        20180121_01.jpg

         

        次のクルーを待っていた無人のサリュート7号は1985211日、地上とのコンタクトを喪失しました。サリュート7号はソ連の宇宙計画にとって重要な役割をもつ宇宙ステーションでした。ソ連は当時、次の宇宙ステーション「ミール」を製造していましたが、打ち上げは1986年の予定でした。それまでサリュート7号が使えないとなると、ソ連の有人宇宙計画に大きな空白が生じてしまいます。ソ連にとってミール宇宙ステーションの打ち上げを待つという選択肢はありませんでした。なぜなら、アメリカは1981年にスペースシャトルを就航させ、次々と人間を宇宙に送り出していたからです。スペースシャトルは最終的には年間24回の飛行を目指していました。再び宇宙での存在感を増すアメリカに対抗するには、宇宙の難破船となったサリュート7号を救出することが必要でした。31日、ソ連はサリュート・レスキュー・ミッションの実行を決定しました。

         

        しかし、これは危険をともなうミッションになるはずでした。ソユーズ宇宙船とサリュート宇宙ステーションのドッキングは、「イグラ」(ロシア語で針の意味)というシステムによって自動で行われます。何らかの不具合が生じて自動ドッキングが行えない場合には、宇宙飛行士がマニュアルでドッキングすることもありますが、その場合もサリュート側のシステムがすべて停止しているわけではありません。しかし、今回のドッキングは、相手がまったく反応しない状況下でのドッキングになります。これはソ連にとって初めての試みでした。

         

        ソ連の宇宙飛行士は訓練時に必ずマニュアルでのドッキングを練習します。しかし、今回の危険なミッションを行うには、軌道上で実際にマニュアル・ドッキングを行った経験が必要と判断されました。当時、軌道上でそれを行った経験をもつ宇宙飛行士は3人、キジム、ユーリー・マリシェフ、そしてジャニベコフでした。このうち、キジムは長期滞在から帰還後のリハビリ中、マリシェフは飛行経験が少なく、今回のミッションで必要となる船外活動の経験がありませんでした。すでに4回宇宙を飛んだ経験をもち、優れた技量をもつジャニベコフ以外に、このミッションを行える宇宙飛行士はいなかったのです。

         

        ジャニベコフは1942年、ウズベキスタン共和国のイスカンダルに生まれました。一家はその後、タシケントに移り住みました。ガガーリンが人類初の宇宙飛行を成しとげた年に、ジャニベコフは練習機で初めて空を飛びました。ロシア空軍のパイロット時代に厳しい試験をパスし、ジャニベコフは1970年に宇宙飛行士訓練センターである星の町にやってきましたが、ガガーリンはこのときすでに世を去っていました。「彼に会えなかったことを、私はとても残念に思う」とジャニベコフは語っています。

         

        ジャニベコフの相棒となるフライト・エンジニアにはサビヌイフが選ばれました。サビヌイフはサリュート7号の各システムに精通しており、次の長期滞在ミッションのクルーとして訓練を開始していました。正式にT-13号のクルーとなった2人は、特別訓練を開始しました。

         

        20180121_02.jpg

         

        2人が乗りこむソユーズT-13号には大幅な改造が加えられました。3番目の座席や自動ドッキング装置は撤去され、食糧、水、推進剤が余分に積みこまれました。また、サリュートまでの距離や接近速度を測定できるレーザー測距計が設置されました。夜間でも見える赤外線ゴーグルも準備されました。

         

        こうして198566日、ジャニベコフとビクトル・サビヌイフが搭乗したソユーズT-13号は宇宙へ飛び立ちました。68日、飛行3日目、ソユーズT-13号はサリュートから10kmまで接近しました。サリュートは長軸を中心にゆっくり回転していました。サリュートをとらえたビデオカメラの映像は、モスクワ郊外にある管制センター(TsUP)にも送られました。

         

        20180121_03.jpg

         

        太陽電池パネルが太陽の方向を向いておらず、サリュートが電源喪失の状態にあるのは明らかでした。


        サリュート 7:危険に満ちたレスキュー・ミッション(1)

        0

          Salyut 7Risky Rescue Mission (1)

           

          ソ連時代の宇宙ステーション、サリュート7号のレスキュー・ミッションを描いたロシア映画『サリュート 7』が東京でも公開されます。このレスキュー・ミッションについては『ファイナル・フロンティア――有人宇宙開拓全史』でも書きましたが、ここでもう少し詳しくご紹介しましょう。

           

          20180120_01.jpg

           

          1969年、アメリカとの月着陸競争に敗れたソ連は、アメリカに対抗する新たな手段としてサリュート宇宙ステーション計画をスタートさせました。また、月への乗員輸送のために開発されたソユーズ宇宙船を、地球とサリュート宇宙ステーションを往復するために使うことにしました。

           

          軍用に開発されていた宇宙ステーション「アルマズ」をベースにしたサリュート1号が打ち上げられたのは、19714月のことでした。以後、ソ連は次々にサリュートを打ち上げ、宇宙での長期滞在体制を実現していきました。特に大きな成果を上げたのは19779月に打ち上げられたサリュート6号です。サリュート6号は名部が大幅に改良された第2世代のサリュートで、最大の特徴は前部と後部にそれぞれドッキングポートが設置されたことでした。これによって、クルーが滞在中に交代用のソユーズ宇宙船や無人補給船をドッキングさせることが可能になりました。

           

          20180120_02.jpg

           

          サリュート6号は宇宙滞在日数の記録を次々と更新し、レオニード・ポポフとワレリー・リューミンは184日間を宇宙で暮らしました。1972年にアポロ計画を終了させたアメリカがスペースシャトルを開発している間に、ソ連は宇宙に長期間滞在するための手段を確立し、地球周回軌道上に圧倒的なプレゼンスを築いていったのです。

           

          居住性をさらに改良したサリュート7号が打ち上げられたのは19824月です。7号まで打ち上げられたサリュート宇宙ステーションのうち、1号、2号、3号、5号は軍用サリュートで、アルマズ宇宙ステーションによる軍事ミッションでした。一方、4号、6号、7号はコロリョフ設計局が開発した民生用サリュートで、6号と7号はミール宇宙ステーションのコアモジュールをへて、国際宇宙ステーションのサービスモジュール(ズヴェズダ)へと発展していくことになります。サリュート7号のサイズは6号と同じで、全長は16m、直径は約4m、前後のドッキングポートに宇宙船が結合すると、その長さは30mにもなりました。

           

          ソユーズ宇宙船も改良され、1979年にはT型が登場しました。1971年のソユーズ11号の事故後、2人乗りに変更されていた座席は、再び3人乗りになりました。

           

          19825月に打ち上げられたソユーズT-5号に搭乗し、サリュート7号にドッキングしたアナトリー・ベレゾボイとワレンチン・レベデフは211日間を宇宙に滞在しました。ベレゾボイはサリュート7号の印象を次のように語っています。「サリュート7号は6号と外見はそっくりである。しかし、中に入るとまるで違う。照明は明るく、快適で居心地がよい。壁のパネルは明るい色で塗装されている」。

           

          ソユーズT型とサリュート7号によって、いくつもの歴史的宇宙飛行が行われています。19826月に打ち上げられたT-6号は、ウラジーミル・ジャニベコフがコマンダー、アレクサンドル・イワンチェンコフがフライト・エンジニアをつとめ、さらにフランスの宇宙飛行士ジャンルー・クレチアンが乗りこんでいました。ソ連の有人宇宙飛行に社会主義圏以外の国の宇宙飛行士が参加したのはこれがはじめてでした。下の画像はソユーズT-6 号のクルーで、左からイワンチェンコ、ジャニベコフ、クレチアンです。

           

          20180120_03.jpg

           

          19828月、ソユーズT-7号が宇宙へ飛び立ちました。クルーはレオニード・ポポフ、アレクサンダー・セレブロフ、そしてスベトラーナ・サビツカヤでした。サビツカヤはテレシコワ以来の女性宇宙飛行士でした。

           

          198428日に打ち上げられたソユーズT-10号のクルーはレオニード・キジム、ウラジーミル・ソロビヨフ、オレグ・アチコフで、3人はサリュート7号で236日間を過ごしました。

           

          1984717日、ウラジーミル・ジャニベコフ、イゴール・ウォルク、スベトラーナ・サビツカヤの乗ったソユーズT-12号が打ち上げられ、サリュート7号にドッキングしました。サビツカヤはこの飛行で、世界で初めて宇宙を2回飛んだ女性宇宙飛行士となりました。彼女はまた、サリュート7号に滞在中、女性宇宙飛行士として初めての船外活動を行いました。下の画像の真ん中がサビツカヤ、その左がジャニベコフ、右がウォルクです。

           

          20180120_04.jpg

           

          1984729日、ソユーズT-12号で地球に戻ったジャニベコフには、19853月末、次のソユーズT-13号のコマンダーの任務が与えられました。深刻な事態が発生していたのです。サリュート7号に長期滞在していたソユーズT-10号のクルーが1984102日に帰還した後、無人になったサリュート7号に不具合が発生して地上との連格が途絶、サリュート7号は漂流を始めていました。

           


          2017年は観測史上2番目に暑い年だった

          0

            2017The second warmest year in the record

             

            2017年は近代的な気象観測がはじまった1880年以来2番目に暑い年だったと、NASA が発表しました。19511980年の世界平均気温にくらべて0.90C 高かったとのことです。これまでで最も暑かった年は2016年です。

             

            下の画像は2013年〜2017年の世界平均気温を1951年〜1980年の世界平均気温と比較したマップです。青色は気温が低くなっている場所、黄色から赤にかけての領域は気温が高くなっている場所です。世界平均気温の上昇は北半球の高緯度地域で顕著であることがわかります。

             

            20180119_01.jpg

             

            NOAA(国家海洋大気局)は、2017年は観測史上3番目に暑い年だったと発表しました。結果に差が出るのは、観測データの処理の方法が異なるためです。しかし、どちらのデータ解析も、史上5番目までの暑い年が2010年代に集中している点に関しては一致しており、地球温暖化が急速に進行していることは明らかです。


            ナスカのミステリー(2):地上絵に一生をささげた女性研究者

            0

              Nazca’s Mystery (2)The Lady Who Saved the Lines

               

              ナスカの地上絵は長い間知られずにいましたが、1926年に、この地域の上空を飛んだパイロットによって発見されました。1941年にアメリカ、ロングアイランド大学の歴史学者ポール・コソックが古代の灌漑システムを調査するため、この地を訪れ、地上絵と出会いました。コソックが帰国する際、彼の研究を引きついだのが、当時リマの国立博物館で働いていたマリア・ライヘでした。

               

              20180117_04.jpg

               

              マリア・ライヘは1903年、ドイツのドレスデンに生まれました。大学では数学を学び、27歳のときにペルーにやってきました。家庭教師などで生活費を稼ぎ、1937年にリマの国立博物館で働きはじめました。コソックが調査に来たとき、彼女はコソックの現地助手をつとめたのです。1946年、マリアは地上絵の調査を開始し、以後、地上絵の研究と保存に一生をささげました。マリアの研究とその著書“Mystery on the desert”によって、ナスカの地上絵は世界に知られることになりました。

               

              20180117_02.jpg

               

              Mystery on the desert”で彼女はこう書いています。「インカの時代の数世紀前、南ペルーの海岸近くに住んでいた人々は、とても独特なモニュメントをつくった。その大きさと正確な直線は、エジプトのピラミッドを連想させる。しかし、それはピラミッドのように高くそびえているのではなく、幾何学模様が数マイルにわたって平原に広がっているのである。まるで巨人が特大の物差しを使って描いたかのように」。

               

              また、こうも書いています。「リマからチリあるいはアレキパに向かうプロペラ機は、運がよければ、途中でコルディレラ山脈の西斜面に沿って飛んでくれる。地上を見下ろすと、そこには褐色の大地に明るい色で描かれた三角形や四角形、台形などが見える。その多くは飛行場によく似ている。小型機かヘリコプターでもっと低空を飛べば、さらにたくさんの直線や三角形、四角形からなる模様が見えてくる。直線は交差したり、並行に走ったり、放射状に広がったりしながら複雑なネットワークをつくっている。そしてそれらの直線的な模様の間に、動物をあらわす模様がある。それらは高度1500フィートからも明瞭に認められ、その大きさをうかがい知ることができる。これらの線や形が人工的なものであることは明らかだ。それらは何世紀もの間、昔のままで、誰にも発見されずにきた。サイズがあまりに大きいため、地上から見つけることができなかったのだ」。

               

              20180117_03.jpg

               

              巨大な地上絵を描くためには、古代人には不可能な高度な技術が必要だという意見もありますが、実際はそれほどむずかしくはありません。まず小さな絵を描き、これを拡大していく方法で描いたのだと、マリアは説明しています。実際、その作業に使われたと考えられる古い杭が埋まっているのが発見されています。

               

              ナスカの人々は、いったい何の目的のために地上絵を描いたのでしょうか? いくつかの考えがあり、中には異星人の宇宙船の発着場という荒唐無稽の説さえあります。マリアは、地上絵は天文現象と関連があり、古代のカレンダーだったのではないかと述べています。その根拠の1つとしてマリアは、描かれた直線の中に、夏至や冬至の日の出、日の入りの方角を示すものがあることを上げています。農耕をいとなんでいた古代ナスカの人々にとって、農作業をはじめる時期を知ることは重要だったと考えられます。

               

              このアイデアは、コソックが調査で訪れた621日、南半球の冬至の日に、ある線の延長上に太陽が沈むのを目撃したことにさかのぼります。マリアはさらに、おおぐま座やオリオン座などの星座に関連した線もあるとしています。ただし、無数といってよい線からは、任意の方向の線を選ぶこともでき、この説には困難な面もあります。現在では、研究者の多くは、地上絵は儀式の時に用いた聖なる道ではないかと考えています。また、地上絵の一部は地下水脈の位置を示すものだという研究もあります。

               

              マリアは地上絵を保存するため、ほうきで線をはいてきれいにしていました。いつもほうきを持っていたため、マリアは魔女であるという噂がでるほどでした。

               

              1994年、ナスカの地上絵は世界遺産に登録されました。マリア・ライヘは1998年に95歳で亡くなり、遺体は地上絵の近くに埋葬されました。