三島由紀夫:2つの謎

0

    Mishima:Two Subjects to be Solved

     

    書店でみつけて思わず買ってしまった『三島由紀夫 ふたつの謎』(大澤真幸、集英社新書)。社会学者の立場からの『豊饒の海』の分析は非常に新鮮でした。

     

    1970年11月25日。この日、三島は雑誌『新潮』に連載していた『豊饒の海』第4巻『天人五衰』の最終回の原稿を、この日の日付を入れて出版社に渡しました。そして、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で自衛官に「決起」を呼びかけ、それがかなわないと知ると割腹自殺を遂げたのです。大澤氏の問いかける謎とはこの日の2つの出来事に関することで、「『天人五衰』の結末はあれでよかったのか?」、そして「三島はなぜ割腹自殺したのか?」ということです。

     

    まず、『天人五衰』の結末について。三島は『豊饒の海』についての創作ノートを残しており、そこには第4巻の結末について、実際の『天人五衰』とは異なるアイデアが書かれています。大澤氏は、『天人五衰』を書き始めた時点で、三島は別の結末を考えており、それが途中で今の結末になってしまったのではないかとし、今の結末は「あまりにも破壊的な効果をもつ終わり」で、「この結末を認めてしまえば、全四巻から成る『豊饒の海』のそこまでの展開のすべてが、遡及的に、無意味なものとして否定されてしまう」と述べています。

     

    しかしながら、『豊饒の海』第1巻『春の雪』から第4巻『天人五衰』の月修寺での結末までを読み終え、もう1度、『春の雪』の結末を読み返してみれば、『天人五衰』の結末はこれしかなかったと考えざるを得ません。死に際した本多が解脱し、すべてが肯定されるような結末は、三島の文学としては成り立たなかったでしょう。第2巻『奔馬』、第3巻『暁の寺』には、本多が月修寺訪問を考え、今はその時ではないと思いとどまる場面があります。『天人五衰』の結末は、『春の雪』、『奔馬』、『暁の寺』を通じてその伏線が張られていたというべきでしょう。たとえ別の結末のアイデアがあったとしても、三島は『天人五衰』の連載を始めた早い段階で、すでに今の結末を考えていたと考えられます。最後の最後で「何もないところへ、自分は来てしまった」と本多が考え、それまでの全4巻で語られてきたことすべての意味が分からなくなってしまうところに、『豊饒の海』という作品の底知れない魅力があると私は考えています。

     

    実は、「『天人五衰』の結末はあれでよかったのか?」という問いは、三島由紀夫の研究者である井上隆史氏がすでに論考したところであり(『三島由紀夫 幻の遺作を読む』、光文社新書)、大澤氏の今回の著書は、同じ問いを大澤氏の学問的立場から検討したものといえます。井上氏も『三島由紀夫 幻の遺作を読む』で、今の結末は「『春の雪』以降展開してきた筋立てが解体することであり、作品の時空間が消滅してしまうことである」と述べています。井上氏は書かれることのなかったもう1つの『天人五衰』を、創作ノートをもとに構成し、考察を加えています。興味深いのは、井上氏がエピローグで、「やはり三島はその構想を破棄し、実際に発表された通りの『天人五衰』を書いてこそ、三島由紀夫なのだ」と述べていることです。

     

    『三島由紀夫 ふたつの謎』でもふれられていますが、三島が16歳の時に書いた事実上のデビュー作『花ざかりの森』の結末と『天人五衰』の結末が似ているという指摘が以前からなされています。実際、『花ざかりの森』の結末の「死に似た静謐」は、『天人五衰』の結末とまったく同じといってよいものです。さらにいえば、三島が20歳の時に書いた『岬にての物語』をこれに加えてもいいでしょう。この作品の結末で、若い二人が飛び降りた岬の先端で主人公が腹ばいになって見下ろした海の「無音の光景」も、『花ざかりの森』と『天人五衰』に共通しています。三島という作家は、最後に同じ光景に戻ってきたのです。これは『豊饒の海』で、本多が『春の雪』の結末の場所である月修寺に『天人五衰』で最後に戻ってきたことと対応しています。

     

    ちなみに『豊饒の海』というタイトルですが、これは月の海の名前です。三島自身が『春の雪』の後註で「月の海の一つのラテン名なるMare Foecunditatisの翻訳である」と書いています。「海」は三島文学にとって特別な存在でした。そして『豊饒の海』では「月」も特別な意味をもちます。三島が『豊饒の海』を書きはじめた頃には、Mare Foecunditatisはすでに「豊かの海」という平易な表記になっていましたが、戦前までは「豊饒の海」あるいは「豊饒海」などが使われていました。「海」と「月」をめぐる長編のタイトルを考えた時に、三島は古い月面図で見た「豊饒の海」という表記に興味を覚えたのでしょう。したがって、実際の豊かの海が水もない不毛な場所であるという事実は、三島にとってあまり意味をもたなかったと思います。三島は『春の雪』に登場する鎌倉の海を「豊饒の海」として書いています。それに対して『天人五衰』の冒頭で透が望遠鏡で眺める駿河湾は、俗にまみれ、悲劇性を失った海として書かれています。時代がそれだけ変わってしまったのです。

     

    さて、もう1つの謎、三島はなぜ割腹自殺したかです。井上氏は、『天人五衰』の実際の結末と書かれなかった結末は「虚無」と「救済」の闘いであったとし、虚無が勝ってしまったことが、三島の死に関係していると述べています。三島の割腹自殺に、三島自身がもっていたはかりしれないニヒリズムが作用していたのは間違いありません。さらに、これについて考えるには、『仮面の告白』を読む必要があります。この作品は、タイトルからして三島という作家の二面性を表現しています。この作品に書かれていることは、仮面をつけることではじめて可能になった作者自身の真の告白なのか? それとも仮面による完全な虚構なのか? 何が真実かは作者にしか分からないわけですが、この作品を読んで私たちが気づくことが1つあります。三島が絵画『聖セバスチャンの殉教』に惹かれ、自分も腹に矢を射られた聖セバスチャンになりたいと考えていたことです。

     

    三島は聖と俗というか、美の究極を求める純粋な文学者であると同時に、俗世間に自らのもう1つの面を投影し、マスコミに取り上げられることを好んだ作家でもありました。三島の人生で前者の仕上げが『豊饒の海』であり、後者の仕上げがボディビルで鍛えた身体で切腹すること、すなわち聖セバスチャンとして死ぬことでした。三島は割腹自殺する数年前に『憂国』や映画『憂国』で切腹のシミュレーションを行っていましたし、雑誌『血と薔薇』のグラビアでは、自ら聖セバスチャンとなった姿を篠山紀信に撮らせていました。

     

    三島の割腹自殺の日、私はまだ学生で、荻窪あたりでアルバイトをしていた記憶がありますが、不思議なことにニュースを知っても驚きはなく、三島の魂もこれで鎮まるのではないかと考えたのをおぼえています。

     

    三島にとって2つの出来事は同じ日に起こらなくてはならなかったのでしょう。とすると、三島が市ヶ谷の自衛隊を訪問する日程が先に決まり、それに合わせて『天人五衰』を終わらせるという段取りになります。三島は『天人五衰』の最終回の原稿を1970年の夏には書いており、その原稿の入った茶封筒をドナルド・キーンに見せたことは、よく知られています。おそらく三島は、連載の途中から、先に結末を書き終え、自衛隊訪問の日程に合わせてその間を埋めるという書き方をとったのでしょう。さらにいえば、三島は、早く結末を書いてしまいたいという誘惑を抑えることができなかったのかもしれません。『天人五衰』を読み進んでいくと、「九月三日の事件」あたりから、物語の展開が急になり、最終回に向かって先を急ぐ感があります。『天人五衰』の完結はもともと1971年後半とされていました。それが自衛隊での日程に合わせて早まってしまったということなのでしょう。

     

    久しく思いめぐらすことのなかった三島の作品について、あれこれ考えてしまうほど、大澤氏の本は知的刺激に満ちていました。

     


    コロンビアからの夜明け

    0

      Sunrise From Columbia

       

      NASAのホームページに、スペースシャトル、コロンビアから撮影された地球の夜明けの写真が掲載されています。2003122日、コロンビアのクルーキャビンから撮影され、地球に送られてきたものです。

       

      20190202_01.jpg

       

      コロンビアの28回目の飛行であるSTS-107は、2003116日に打ち上げられました。21日、コロンビアは16日間のミッションを終え、地球に帰還すべく、大気圏に再突入しました。しかし、ケネディ宇宙センターまであと16分のところにきたテキサス州上空で機体と7名のクルーの生命が失われました。

       

      今年は27日がNASADay of Remembranceで、宇宙への挑戦で失われたアポロ1号、チャレンジャー、そしてコロンビアのクルーを悼む日となっています。


      パーカー・ソーラー・プローブ:太陽をまわる2周目の軌道に

      0

        Parker Solar Probe Begins Second Sun Orbit

         

        20188月に打ち上げられたパーカー・ソーラー・プローブはすべての機器が順調に作動しており、太陽を周回する2周目の軌道に入っています。

         

        20190129_01.jpg

         

        下の図がパーカー・ソーラー・プローブの軌道です。緑の線がこれまでの軌道で、これからの軌道は赤い線で示されています。

         

        20190129_02.jpg

         

        現在、パーカー・ソーラー・プローブは太陽から最も離れる遠日点をすぎたところです。最初の周回で最も太陽に近づく近日点に達したのは201811月で、この時、太陽〜水星間の距離の約半分にまで達しました。パーカー・ソーラー・プローブは太陽を合計24周する予定です。

         

        2周目の軌道で近日点に達するのは今年の4月です。それまでに1周目の軌道で得られた科学データがすべて地球に送られてくる予定です。これまで見たこともなかったような太陽の姿を、もうすぐ見ることができるでしょう。


        共生星みずがめ座R

        0

          Symbiotic Binary Star R Aquarii

           

          ヨーロッパ南天天文台(ESO)の大型望遠鏡VLTが撮影した共生星みずがめ座Rの画像です。系外惑星探索用にVLTに設置された観測装置SPHEREの試験観測で得られたものです。

           

          20190112_01.jpg

           

          共生星とは赤色巨星と白色矮星の連星系のことをいいます。みずがめ座Rの赤色巨星はミラ型の長周期変光星で、周期的に膨張したり縮小したりすることによって明るさが変化しています。赤色巨星の外層のガスは白色矮星に引っ張られ、白色矮星の周囲に降着円盤を形成しています。降着円盤とは垂直方向にジェットが放出されています。下の画像はみずがめ座Rの想像イラストです。

           

          20190112_05.jpg

           

          SPHEREは非常に観測精度の高い装置で、ハッブル宇宙望遠鏡を上回る解像度の画像が得られました。下の画像左はハッブル宇宙望遠鏡が撮影したみずがめ座Rです。中心の明るい部分から上下に伸びている筋がジェット、横方向のリングは1773年に起こった新星爆発の残骸です。下の画像右はみずがめ座Rの中心領域で、VLTの画像と同じ領域が示されています。この画像とVLTの画像を比べてみると、SPHEREの観測能力の高さが分かります。

           

          20190112_03.jpg

           

          VLTの画像では中心部にひときわ明るい点が2つ、はっきりと見えてきます。

           

          20190112_04.jpg

           

          この画像に関するSchmidらの論文を読んでみると、左側の点が赤色巨星の位置、右側の点がジェットの放出源、すなわち白色矮星の位置にあたります。みずがめ座Rの連星系がSPHEREによって初めて分離して観測されたことになります。


          国立トレチャコフ美術館展:ノスタルジアへの回帰

          0

            Romantic Russia from the Collection of The State Tretyakov Gallery

             

            「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展に行ってきました。これまで何度も見ているクラムスコイの《忘れえぬ女》(《見知らぬ女》)ですが、やはりこの絵の前では思わず立ち止まってしまいます。

             

            20190106_01.jpg

             

            モスクワのトレチャコフ美術館とプーシキン美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館とロシア美術館。2つの都市に行ったら、ぜひ訪れたい美術館です。ロシア美術の素晴らしいコレクションをもっているのがトレチャコフ美術館とロシア美術館です。そしてトレチャコフ美術館で最も人気のある作品の1つが《忘れえぬ女》といえるでしょう。日本に来るのは今回が8度目とのことです。

             

            今回は19世紀後半から20世紀初期の風景画や肖像画、そして人々の生活を描く作品が展示されています。風景画の巨匠シーシキンの作品やクラムスコイの《月明りの夜》も見ることができます。

             

            今回展示されている作品を描いた画家の多くは「移動派」というグループに参加していました。移動派は当時の帝国芸術アカデミーに反旗をひるがえした若い画家たちが1870年に結成した新しいロシア美術の流れで、クラムスコイはその活動の中心をになう1人となりました。移動派は各地を巡回して展覧会を行ったため、その名がついています。移動派が活動した時期は、文学においてはドストエフスキーの『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』、トルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』が発表され、少し遅れてチェホフが登場する時代です。文学においても美術においても、そして音楽においても、私たちもよく知るロシアの芸術が豊かに花開いた時代でした。

             

            一方、この時代はロシア帝政の末期にあたります。知識人や学生たちに社会変革への意識が生まれ、テロリストたちの過激な行動がくり返される変動の時代でした(ロシア革命にいたる歴史を亀山郁夫氏と沼野充義が主に文学の立場から熱心に語り合った『ロシア革命100年の謎』(河出書房新社)はとても面白く参考になる本です)。1917年のロシア革命によって帝政が崩壊すると、赤軍と白軍の内戦、ソヴィエト国家建設への混乱、そして大祖国戦争(第二次世界大戦)と激動の時代が続き、画家たちがロシアの美しい自然や人々の生活を落ち着いて描くことはできなくなりました。

             

            移動派に代わって20世紀初頭に登場したのが「ロシア・アヴァンギャルド」という前衛的な芸術でした。中でもロトチェンコらがひきいるロシア構成主義は、ソ連共産党のプロパガンダとも結びつき、斬新な作品を生み出しました。私を含め、ロシア・アヴァンギャルドのファンは日本にもたくさんいます。しかしながらトレチャコフ美術館のゼリフィーラ・トレグーロワ館長は今回の展覧会に向けたメッセージで、「少し前は、ロシアのアヴァンギャルドの絵画が非常に人気がありましたが、現在はローマやパリ、ヘルシンキなどの主要美術館から展覧会開催を打診されるなど、移動派の作品への注目度が高まっています」と述べています。

             

            革命下の疾風怒涛のアヴァンギャルドよりも、革命によって失われた19世紀後半から20世紀初頭の時代を描くノスタルジックな絵画に人々の関心が集まるのは、世界の流れなのでしょうか。

             

            私が初めてモスクワとレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)を訪れたのは今から30年以上前でした。街で見かける商品のパッケージやポスター、本の表紙などのデザインにロシア・アヴァンギャルドの痕跡を感じて楽しんだものですが、同時にトレチャコフ美術館やロシア美術館で19世紀後半のロシア美術の傑作を目にして感銘を受けたものです。

             

            さて、「ロシアのモナリザ」ともいわれるクラムスコイの《忘れえぬ女》ですが、この作品は1881年におきたテロリストによるアレクサンドル2世暗殺直後の1883年に描かれました。帝政の締めつけで社会を批判する作品を描くことができない状況の中、クラムスコイは人間の内面を描く作品に集中します。《忘れえぬ女》がただの美しい女性ではなく、そのミステリアスな表情の向こうに力強い内面を秘めているのはそのためです。

             

            《忘れえぬ女》のモデルが誰であったかについては多くの論考があります。クラムスコイが《忘れえぬ女》と同じ頃に描いた《日傘の女》の女性と顔のつくりが共通しているので、モデルとまでいえるかどうかは別として、作品のもととなった女性がいたことは間違いないでしょう。

             

            20190106_02.jpg

             

            亀山氏は展覧会に際して開催された講演会で、《忘れえぬ女》のモデルになった女性について興味深い説を披露しています。

             

            今回の展覧会では、レーピンの作品はルビンシュテインとクラムスコイの肖像画が展示されています。実はレーピンも、謎めいた表情の女性の肖像画を描いています。2012年の「レーピン展」で来日した《ワルワーラ・イワーノヴナ・イクスクル・フォン・ヒルデンバント男爵夫人の肖像》(1889年)です(下の画像、部分)。イクスクルは当時ペテルブルクで有名人が集まるサロンを主宰していた女性です。幅広い交友関係を持っていた女性ですが、この肖像画の彼女はヴェールで顔をおおっており、その表情は固く、ミステリアスです。

             

            20190106_03.jpg

             

            この作品とクラムスコイの《忘れえぬ女》について、国立国会図書館の早川萌氏は以前、非常に興味深い論文を発表しています(「イリヤ・レーピン《イクスクルの肖像》再評価への試論」)。早川氏によると、レーピンは自分の師であったクラムスコイの《忘れえぬ女》を見ていた可能性が高いとのことです。ある意味、《忘れえぬ女》に触発されて《イクスクルの肖像》を描いたのでしょうか。早川氏によれば、レーピンがここで描きたかったのは、古いタイプのロシア女性ではなく、「離婚を経験し、女子高等教育運動に参加し、戦時には自ら前線に赴き看護にあたり、慈善活動を惜しまなかった」イクスクルでした。

             

            「自然との結びつきや母性を強調するような既存の女性像とは異なる新しい女性像を描いているという点において、《イクスクルの肖像》は《見知らぬ女》の系譜に位置付けることができる」と、早川氏は述べています。

             

            《忘れえぬ女》のミステリアスな表情には、作品のきっかけになった女性やそれを描いた画家の思いだけでなく、その時代の雰囲気までが込められているのでしょう。この作品の前で思わず足を止めてしまう理由はそこにあるのかもしれません。


            嫦娥4号が月の裏側に着陸

            0

              Chang'e 4 Lands on Far Side of the Moon

               

              中国の月探査機、嫦娥4が月の裏側に着陸したと中国のメディアが伝えています。嫦娥4号からの最初の月面の画像も公開されました。

               

              20190103_06.jpg

               

              着陸地点は東経1776分、南緯455分付近とされています。嫦娥4号はフォン・カーマン・クレーター内の当初目的としていた領域に着陸したことになります。このあたりは溶岩が流れた後に、衝突による噴出物が堆積した平坦な場所で、クレーターもそれほど多くはありません。月面からの画像もそれを物語っています。



              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              30      
              << June 2019 >>

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              書いた記事数:115 最後に更新した日:2019/06/13

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM