ソユーズMS-10:打ち上げを中断し緊急帰還

0

    Soyuz MS-10Crew Lands in Kazakhstan after Launch Failure

     

    ロシアのアレクセイ・オブチニン宇宙飛行士とNASAのニック・ヘイグ宇宙飛行士が搭乗したソユーズMS-101011日午後240分(現地時間)にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。打ち上げ直後は順調でしたが、約2分後に異常が発生し、クルーは緊急帰還しました。

     

    20181011_01.jpg

     

    詳細が発表されていないため、今回の打ち上げ緊急中断が今後のソユーズ宇宙船やプログレス補給船の打ち上げにどのような影響を与えるかは分かりません。もしかすると、国際宇宙ステーション(ISS)の今後の運用に影響がでるかもしれません。

     

    通常、ソユーズ宇宙船の打ち上げはクルー3名で行われますが、今回は2名でした。ロシア側の発表によると、ロシアがISSに設置予定の科学実験モジュールの打ち上げが遅れ、当初予定していた作業がなくなったため、搭乗させるロシア人クルーを2名から1名に減らしたとのことです。

     

    打ち上げの映像を見ていると、問題は打ち上げ約2分後の第1段の4本のロケットを分離する際に起きたようです。地上に送られてくるソユーズ船内の映像はロケット分離の際に少し乱れるのですが、今回はその乱れがいつもより強く、また船内にかなり振動が伝わっているように見えました。

     

    20181011_02.jpg

     

    また、その直後に地上のカメラがとらえた第1段分離後の映像も、いつもと比べて明らかに違っていました。いつもは4本のロケットがきれいに離れていくのですが、今回は離れ方が不規則でした。

     

    2018101_03.jpg

     

    この直後に船内からの映像はなくなり、音声のみが流れてきました。約40秒後にエマージェンシーの警告音がひびき、モスクワの管制センター(TsUP)は「ブースターの不調」をソユーズに伝えました。この場合のブースターは第2段ロケットのことです。続いて「分離」が伝えられ、ソユーズMS-10は第3段ロケットから分離し、弾道軌道での帰還モードに入りました。クルーは「われわれは無重量状態」とTsUPに伝えてきました。TsUPからは着地にそなえ「ストラップを締めるように」という指示が送られました。

     

    ソユーズMS-10はカザフスタンのジェスカスガン市から20kmほど東の地点に無事着陸しました。ソユーズ宇宙船の通常の帰還地域です。クルーは回収チームによってモスクワ郊外のガガーリン宇宙飛行士訓練センターに運ばれました。2人とも元気です。

     

    以上の経緯をみると、第1段分離直後に第2段ロケットに異常が発生して推力不足となり、地球周回軌道に達することが不可能になったため、ソユーズ宇宙船を第3段から分離させて地上に緊急帰還させたものとみられます。分離されたブースターが第2段にぶつかり、第2段を破損させたためではないかという観測があります。

     

    ソユーズ宇宙船が打ち上げ時にトラブルを起こし、クルーが緊急帰還したのは1975年以来のことです。この年の45日、ワシリー・ラザレフとオレグ・マカロフの乗ったソユーズ18号が打ち上げられました。打ち上げから450秒後、第2段エンジンの燃焼が終了し、第3段のエンジンが点火されました。ところが第2段と第3段の切り離しが完全でなかったため、ロケットは予定の方向をそれました。ロケットのセンサーが異常を検知し、第3段の点火4秒後にソユーズ18号は緊急分離されました。高度は145kmでした。

     

    ソユーズの帰還モジュールは軌道モジュールと機器・推進モジュールから切り離され、弾道軌道で降下。ラザレフとマカロフには18Gもの加速度がかかったといわれています。帰還モジュールは中国国境から約800kmのシベリア山中に降下し、斜面を転げ落ちて停止しました。2人は雪の山中でまる1日、回収チームの到着を待つことになりました。

     

    ソユーズ18号は改めて524日に、ピョートル・クリムクとビタリ・セバスチャノフによって打ち上げられたため、ラザレフとマカロフの飛行は、現在ではソユーズ18-1号とよばれています。


    アフリカ系アメリカ人女性たちとNASA

    0

      Hidden Figures

       

      NASAの初期の有人宇宙飛行に大きな役割を果たしたキャサリン・ジョンソンさんが、8月26日に100歳の誕生日を迎えたという記事がNASAのウェブサイトに載っています。キャサリンさんは2017年に日本で公開された映画『ドリーム』の主人公のモデルになった女性です。

       

      20180828_01.jpg

       

      キャサリンさんはNASAのラングレー・リサーチ・センターで、NASAの前身であるNACA(アメリカ航空諮問委員会)の時代から働き、特にマーキュリー計画の軌道計算では大きな業績を残しました。キャサリンさんが仕事をはじめた当初は、航空機の機体設計や飛行性能などの計算は人間が行う時代で、キャサリンさんも計算尺や機械式計算機を用い、「人間コンピューター」として働いていました。

       

      マーキュリー計画がスタートする頃にはコンピューターが使われ始めましたが、最初は機械に対する信頼性が低く、人間の手計算による検算が必要でした。ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道に挑戦することになった際の、キャサリンさんにまつわるエピソードが残されています。グレンはコンピューターによる軌道計算結果に対して、「その数字を彼女にチェックさせてほしい。もし彼女が大丈夫といえば、私はいつでも飛ぶ」といったといいます。

       

      キャサリンさんは宇宙船の軌道投入や地球帰還の軌道理論に関して大きな業績を上げ、彼女の書いた本は長い間NASAの技術者の教科書になりました。

       

      20180828_02.jpg

       

      映画『ドリーム』で描かれたように、キャサリンさんが仕事を始めた頃のアメリカは、まだ人種差別がはげしい時代で、アフリカ系アメリカ人女性たちが働く場所は白人女性たちの働く場所と隔てられていました。キャサリンさんは1953年にラングレー・リサーチ・センターに就職しました。配属されたオフィスは西エリア計算施設とよばれた建物にあり、白人女性たちの働く東エリアから分けられていました。

       

      NASAが設立された1958年には、ソ連との宇宙競争がはじまっていました。ラングレー・リサーチ・センター内に有人宇宙飛行を目指すスペース・タスク・グループが組織され、マーキュリー計画がスタートしました。キャサリンさんはここで重要な役割を果たすことになるわけです。NASA設立とともに、黒人女性を隔離していた施設はなくなりましたが、人種差別が完全になくなったわけではありませんでした。それでもなぜ、キャサリンさんたちがNASAで大きな業績を成し遂げることができたかといえば、それは彼女たちの能力と努力のたまものであり、そして、キャサリンさんがインタビューで語っているように、NASAが1つの目標にむかって皆で進んでいく組織だったからでしょう。

       

      キャサリンさんはインタビューに答えて、「私は1日も無駄にしませんでした。私に与えられた仕事は質問に答えること。そのために私は常に全力をつくしました。それが私の考え方です」と語っています。また、「NASAの若いエンジニアへのアドバイスは?」と聞かれて、「その仕事を好きになってください。そうすれば、あなたはベストをつくすことができます」とも語っています。

       

      2016年9月にラングレー・リサーチ・センターにオープンした計算センターは、彼女の業績をたたえ、キャサリン・ジョンソン・コンピュテーショナル・リサーチ・センターと命名されました。

       

      キャサリンさんをはじめ、NASAの創生期に大きな役割を果たしたアフリカ系アメリカ人女性について興味をもたれた方は、映画『ドリーム』の原作であるマーゴット・リー・シェタリーの原作“Hidden Figures: The American Dream and the Untold Story of the Black Women Mathematicians Who Helped Win the Space Race”を読むことをお勧めします。映画『ドリーム』ではキャサリンさんのマーキュリー計画での仕事が中心になっていますが、原作の最初の3分の1は、ドロシー・ヴォーンにささげられています。ドロシーさんはNACAでアフリカ系アメリカ人女性初のスーパーバイザー(監督者)になった女性で、NASA創生期に働いていた多くのアフリカ系アメリカ人女性たちのパイオニアといえる存在でした。1943年12月、バージニア州ファームビルの高校教師だったドロシーさんがグレイハウンド・バスに乗って、NACAのラングレー・リサーチ・センターに向かうところから、キャサリンさんをはじめすべてのアフリカ系アメリカ人女性のNASAでの物語がはじまったのです。


      NASAがアメリカの宇宙船に搭乗するクルーを発表

      0

        NASA Assigns Crews for Commercial Spacecraft

         

        NASAはボーイング社が開発中の有人宇宙船CST-100スターライナーと、スペースX社が開発中の有人宇宙船クルードラゴンの試験飛行のクルーを発表しました。また、試験飛行後の最初のミッション飛行に搭乗する宇宙飛行士も発表しました。

         

        20180804_01.jpg

         

        2011年にスペースシャトルが退役して以来、NASAは国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙輸送を民間企業によって行うプログラムを推進し、ボーイング社とスペースX社が宇宙船を開発してきました。

         

        NASAはまた、これらの商業有人宇宙船による飛行に向け、4人のベテラン宇宙飛行士をコマーシャル・クルー・アストロートとして指名しました。ボブ・ベンケン、エリック・ボウ、ダグ・ハーリー、サニータ・ウィリアムズです。ベンケンはスペースシャトルで2回の飛行(STS-123STS-130)を行いました。ボウはスペースシャトルの2回の飛行(STS-126STS-133)でパイロットをつとめました。ハーリーはスペースシャトルの2回の飛行(STS-127STS-135)でパイロットをつとめました。ウィリアムズは2回のISS長期滞在を行い、通算宇宙滞在は322日に達します。

         

        20180804_02.jpg

         

        CST-100(右)とクルードラゴン(左)の開発は最終段階に入っており、2019年に国際宇宙ステーションへの有人試験飛行および最初のミッション飛行が行われる予定です。そのため、今回のクルー発表に至ったわけです。

         

        CST-1002018年末か2019年はじめに無人の試験飛行(オービタル・フライト・テスト)を行い、20195月に有人の試験飛行(クルー・フライト・テスト)を予定しています。宇宙船はアトラスVによって、ケネディ宇宙センターから打ち上げられます。有人試験飛行のクルーは、エリック・ボウ、ニコール・マン、クリス・ファーガソンです。マンはNASAのクラス2013の宇宙飛行士で、海兵隊のF/A-18 のパイロットでした。これが初飛行です。ファーガソンはスペースシャトルの最後のフライトであるSTS-135のコマンダーでした。ファーガソンはその後、NASAを引退し、ボーイング社に移ってCST-100の開発に加わってきました。

         

        クルードラゴンは201811月に無人の試験飛行(デモ1)を行い、20194月に有人の試験飛行(デモ2)を予定しています。宇宙船はファルコン9によって、ケネディ宇宙センターから打ち上げられます。有人試験飛のクルーはダグ・ハーリーとボブ・ベンケンです。

         

        CST-100とクルードラゴンの定員は7人で、ISSへの最初のミッション飛行のクルー全員が決まっているわけではありません。

         

        ボーイングのCST-100の最初のミッション飛行のクルーとして、今回、サニータ・ウィリアムズとジョシュ・カサダが指名されました。カサダはクラス2013の宇宙飛行士で物理学の専門家でした。これが初飛行になります。クルードラゴンの最初のミッション飛行のクルーとしては、今回、マイケル・ホプキンズとヴィクター・グローヴァーが指名されました。ホプキンスはクラス2009の宇宙飛行士で、第37/38次のISS長期滞在クルーでした。グローヴァーはクラス2013の宇宙飛行士で、空軍のF/A-18 のパイロットでした。これが初飛行となります。

         

        20180804_03.jpg

         

        CST-100とクルードラゴンを背景にした上の写真で、左からサニータ・ウィリアムズ、ジョッシュ・カサダ、エリック・ボウ、ニコール・マン、クリス・ファーガソン、ダグ・ハーリー、ロバート・ベンケン、マイケル・ホプキンス、ヴィクター・グローヴァーです。この写真が私にとって印象的なのは、STS-135のコマンダーだったファーガソンとパイロットだったダグ・ハーリーがセンターに立っていることです。

         

        スペースシャトル最後のフライトのコマンダーとパイロットを含むシャトル時代のベテラン宇宙飛行士と、ポストシャトル時代の新世代の宇宙飛行士の組み合わせは、アメリカの有人宇宙飛行に新しい時代が訪れつつあることを実感させます。

         

         



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:82 最後に更新した日:2018/12/09

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM