バイコヌール宇宙基地の建設

0

    Construction of Baikonur Cosmodrome

     

    123日、ソユーズMS-11がバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。1011日の打ち上げ失敗以来、初の打ち上げとなりました。搭乗していた第58/59次長期滞在クルークルーはロシアのベテラン宇宙飛行士オレッグ・コノネンコさん、カナダのダビッド・サン・ジャックさん、そしてNASAのアン・マクレインさんです。

     

    20181215_01.jpg

     

    JAXAの種子島宇宙センターは今年で初のロケット発射から50周年を迎えましたが、バイコヌール宇宙基地はすでに63年の歴史をもっています。

     

    現在、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船を打ち上げているソユーズ・ロケットは、セルゲイ・コロリョフが開発した大陸間弾道ミサイルR-7がオリジンです。そのR-7のために、1954年、ソ連は新しい打ち上げ実験場を建設することにしました。多くの候補地が検討された結果、現在バイコヌール宇宙基地のあるカザフスタンのチュラタムが選ばれました。当時のチュラタムはモスクワとタシケントを結ぶ鉄道の駅とそれに付随した小さな建物が数棟あるだけで、周囲には広大なステップが広がっていました。チュラタム駅からはかつて銅の採掘のために敷設された鉄道が北に伸びていました。

     

    この場所が選ばれた理由は次のようなものでした。

    ・アフガニスタンやイランとの国境から1600km以上も離れていて、西側のスパイが侵入することは不可能。

    ・降水量が少ない。

    ・無人の土地が広がっており、打ち上げたロケットの第1段や第2段の落下場所を確保できる。またロケットが制御不能になって落下しても安全。

    ・ロケット打ち上げ時に追跡管制を行う地上局を打ち上げ場から400km以上離れた場所に設置可能。

    ・鉄道がすでに敷設されていて、輸送が容易。

    ・他の候補地より南にあり、その分だけ打ち上げ時に地球の自転力をよけいに利用できる(これは、特にコロリョフが強調した点でした)。

     

    19551月、先遣隊がチュラタムに到着し、工事が開始されました。工事はまず、サイト1(現在のソユーズ・ロケットの発射台のある場所)へ通じる道路を建設することからはじまりました。195562日、ソ連国防省はチュラタムを新しいロケット打ち上げ実験場とすることを正式決定しました。これがバイコヌール宇宙基地の公式の設立日となったのです。

     

    ロケット発射台のための掘削工事は19556月にはじまりました。この場所を見学した方ならお分かりと思いますが、発射台の場所には巨大なピットが掘削されており、そこに「スタジアム」とよばれた鉄骨とコンクリートの発射台が設置されています。打ち上げの際、ロケットの噴射はこのピットから横方向に曲げられて逃がされます。人類が掘った最大の穴といわれたこのピットの掘削はわずか3か月で完了しました。

     

    20181215_02.jpg

     

    20181215_03.jpg

     

    発射台自体の工事は19557月からはじまりました。打ち上げの際にロケットを支持している構造物が花びらのように開くこの発射台を設計したのはウラジーミル・バーミンです。打ち上げ時の振動テストなどは現地でできないため、バーミンはすべての試験をレニングラードで行い、その後部材を分解して、195610月に鉄道でチュラタムに運びました。同じ頃、チュラタムからサイト1への道路工事も完成しました。

     

    工事は過酷な自然条件の中で行われました。チュラタムの夏は50Cもの高温、冬はマイナス25Cという寒さになります。工兵たちは最初テント暮らしでしたが、数年後にはチュラタム駅の南側、シルダリア川に面した場所に居住用の建物が建設されていきました。ここが発展して、やがてレーニンスクの町ができあがりました。当時は「ザーリャ」(夜明け)とよばれていました。

     

    20181215_04.jpg 

     

    19574月、打ち上げ実験基地は完成しました。発射台、ロケットの最終組み立てを行うMIK、液体酸素用プラント、2か所の追跡ステーション(ヴェガとサターン)などが揃いました。R-7の打ち上げ実験は19575月から始まりましたが、失敗が続きます。R-7はケロシンと液体酸素を使う液体燃料ロットであり、核弾頭ミサイルとして実戦配備するのは困難でした。しかし、R-7195710月にスプートニク1号を打ち上げます。1961年には、ユーリー・ガガーリンを乗せたヴォストーク1号を打ち上げます。こうして、R-7は現在のソユーズ・ロケットへと改良を重ねていきます。

     

    ガガーリンによる世界初の有人宇宙飛行が成功した際、ソ連は打ち上げ基地の場所をチュラタムではなく、「バイコヌール」と発表しました。実際のバイコヌールはチュラタムの北東約370kmにある町でした。当時の地図が下です。ソ連は実際の場所を西側に知られないようにしたのです。もっとも、アメリカはそれ以前に、U-2偵察機によってその場所を正確につかんでいました。

     

    20181215_05.jpg

     

    レーニンスク市は、ソ連崩壊後の1995年にバイコヌール市と名称を変えました。


    嫦娥4号打ち上げ:その真の目標は?

    0

      China Launches Chang’e 4:What is its Real Target?

       

      中国の月探査機、嫦娥4号が127日午前223分に西昌宇宙センターから長征3Bロケットによって打ち上げられました。嫦娥4号は月の裏側にあるフォン・カーマン・クレーターへの着陸を目指しています。

       

      20181209_01.jpg

       

      フォン・カーマン・クレーターは南極エイトケン・ベイスン(SPA)の内部にあります。SPAは非常に古い時代の巨大衝突跡で、直径が2500kmにも達します。下の画像は月の裏側で、赤線で囲った部分がSPA、矢印がフォン・カーマン・クレーターです。

       

      20181209_02.jpg

       

      下の画像がフォン・カーマン・クレーターです。直径は約180kmです。

       

      20181209_03.jpg

       

      下の画像は嫦娥4号の着陸地点に関する中国の研究者の論文に掲載されているもので、白い四角の領域が嫦娥4号の着陸目標になっています。

       

      20181209_04.jpg

       

      嫦娥4号は着陸機と月面ローバーから構成されています。2013年に月に着陸して探査活動を行った嫦娥3号のバックアップとして製作されたものです。3号の経験を踏まえ、越夜技術(2週間続く月の夜の対策)などが改良されていると思われます。観測機器も3号とまったく同じではなく、ドイツやスウェーデンなどの観測機器が搭載されています。地球との交信は、中国が今年5月にラグランジュ・ポイント2L2)に打ち上げたデータ中継衛星「鵲橋」を経由して行われます。

       

      20181209_05.jpg

       

      嫦娥4号は月の裏側の環境や周囲の地形、岩石やレゴリスの化学組成、クレーター地下の構造などを調べます。SPAができた大衝突では、衝突跡は深さ25kmにもなり、マントル層まで達したと考えられています。したがってSPAができた時の物質を調べれば、月の始原的な物質やマントル物質に関する情報が得られると考えられ、多くの科学者が注目しています。ただし、SPAはその後、激しい衝突にさらされ、さらに高地での衝突によってできた噴出物でおおわれています。また、フォン・カーマン・クレーターは衝突後に内部から流出してきて固まった玄武岩におおわれています。したがって、嫦娥4号は月の始原的な物質やマントルを構成していた岩石を見つけて観測することが大きな目的にはなっていないと思われます。

       

      嫦娥4号の最大の目的は、将来の月の裏側への有人月着陸に向けて、さまざまな技術を獲得することにあります。着陸場所のフォン・カーマン・クレーターも、月の裏側の数少ない平坦な場所であることが大きな理由になっていると思われます。

       

      嫦娥シリーズの月科学探査はCLEPChinese Lunar Exploration Program)によって行われています。今回、嫦娥4号を打ち上げた長征3BロケットにもCLEPのロゴマークが塗装されていました。そのCLEPのロゴが以下です。

       

      20181209_06.jpg

       

      「月」の文字が三日月と宇宙飛行士の足跡でデザインされており、CLEPの最終目的が有人着陸であることがわかります。

       

      中国はアメリカに対抗する宇宙強国になることを目指しており、将来の月面有人探査や資源利用に力を入れています。嫦娥4号の着陸機にはカイコと植物を入れた容器が収められており、ミニ生態系をつくっています。こうした実験も、将来の有人探査を考えてのことでしょう。

       

      嫦娥シリーズは単なる科学ミッションではなく、その背後に宇宙での覇権を目指す中国の意図が見え隠れしています。また、L2に置かれたデータ中継衛星「鵲橋」にも、アメリカのゲートウェイ構想に対抗して、月近傍に中国の宇宙インフラをつくろうという意図があるのかもしれません。


      オライオン宇宙船の太平洋での回収試験

      0

        Recovery Test of the Orion Capsule in the Pacific Ocean

         

        111日に行われたオライオン宇宙船の太平洋での回収試験の様子です。美しい夕日を背景にしたオライオンのカプセルとその奥のアメリカ海軍のドック型揚陸艦ジョン・P・マーサが印象的です。

         

        20181110_01.jpg

         

        オライオン宇宙船はNASAが開発中の深宇宙探査用有人宇宙船です。



        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:111 最後に更新した日:2019/04/24

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM