新型コロナウイルス:中国CDCが大規模サーベイ結果を発表

0

    217日、中国CDC(中国疾病予防コントロールセンター)は新型コロナウイルス感染に関する重要なレポートを発表しました。

     

    20200204_01.jpg

     

    このレポートは211までに確認された44672人の新型コロナウイルス感染者のサーベイ結果です。その中で特に重要と思われるいくつかの調査結果を紹介しましょう。

     

    感染者の81%では症状はマイルドで、致死率は2.3%でした。感染者の男女比はほぼ1:1ですが、致死率でいうと男性が2.8%、女性が1.7%で、男性が少し高くなっています。

     

    注目すべきは高年齢で致死率が顕著に高いことで、80歳以上の致死率は14.8%です。また持病を持っていない人の致死率が0.9%であるのに対して、持病を持っている人の致死率も顕著に高く、心臓血管系の病気をもっている人の致死率は10.5%、糖尿病をもっている人では7.3%、慢性呼吸器疾患の人は6.3%、高血圧の人は6.0%、がん患者は5.6%となっています。

     

    新型コロナウイルスは感染性が非常に高い点も指摘されています。武漢市からはじまった感染は1か月でほぼ中国全土に広がりました。しかもそれは、武漢市を完全に遮断して隔離し、新年を祝う行事を中止させ、学校や職場に行くことを禁止し、多数の医師や公衆衛生の専門家を動員し、さらには軍の医療部隊の派遣や緊急病棟の建設など、非常に強固な対策が取られたにもかかわらず感染が広がったと指摘しています。

     

    感染性が高い点に関連し、これまで1716人の医療従事者が感染したことも報告されています。

     

    感染初期のデータからすると、武漢市の海鮮市場で動物からヒトへの感染が複数回おこり、その間にウイルスの変異が起こってヒト・ヒト間の感染能力をもつにいたり、爆発的な感染がはじまったという仮説が成り立つとのことです。

     

    このサーベイで最も重要な点は、新型コロナウイルスはSARSウイルスやMERSウイルスほど致死的ではないが、両者にくらべて感染性が非常に高いという点です。その結果、感染者数が拡大し、その中の高齢者や持病をもつ高リスク・グループで死に至る人が多くなり、結果としてすでにSARSを上回る死者数を出しているという点にあります。

     

    WHOのテドロス・アダノム事務局長はこのサーベイ結果を受けて、17日の記者会見で「新型コロナウイルスはSARSMERSほど致死的ではない。感染者の81%の症状はマイルドだ」と述べました。しかし、このウイルスが感染性が高い点について注意喚起することはありませんでした。世界中の人々の生命を守る国際機関の事務局長とは思えない発言です。

     


    新型コロナウイルス:治療薬の探索進む

    0

      新型コロナウイルスの治療薬に関する研究が進んでいます。最近の論文によると、2種類の薬剤に可能性があるとのことです。

       

      20200204_01.jpg

       

      『セル・リサーチ』誌に武漢市のウイルス学研究所の研究グループの論文が掲載されています。研究グループは新型コロナウイルスの治療薬候補として、7種類の抗ウイルス剤について実験を行いました。実験の対象となった抗ウイルス剤は、すでにFDAで認可されているリバビリン、ペンシクロビル、ニタゾキサニド、ナファモスタット、クロロキン、そして現在臨床試験が行われているファビピラビル、レムデシビルです。

       

      実験は、仝補となる抗ウイルス薬を作用させたアフリカミドリザルの細胞に、新型コロナウイルスを感染させ、培養して経過を観察する、および⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢魎鏡させた細胞に抗ウイルス剤を作用させ、培養して経過を観察するという方法で行われました。

       

      実験の結果、クロロキンとレムデシビルに効果が認められたとのことです。クロロキンは70年以上、抗マラリア剤として世界中で使われている薬剤です。レムデシビルはエボラ出血熱やマールブルグウイルス感染症の治療薬として注目されており、SARSおよびMERSウイルスを含むコロナウイルスに対しても抗ウイルス性をもつことが明らかになっています。

       

      新型コロナウイルスに対抗する薬剤を新規開発するには時間がかかります。患者の治療に用いるには、既存の抗ウイルス剤のなかから効果のあるものを探索することが非常に重要になっています。


      新型コロナウイルスはSARSウイルスに近縁

      0

        最新の論文によると、新型コロナウイルスはSARSウイルスに近縁のウイルスのようです。

         

        20200204_01.jpg 

         

        新型コロナウイルスのゲノム解析結果と他のコロナウイルスとの関連に関しての論文が、中国に研究者によって次々と発表されています(『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』誌の124日、『ランセット』誌の2020124日、129日)。

         

        コロナウイルスには、アルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4つのグループがあります。これらの論文によると、新型コロナウイルスはベータ・コロナウイルスの仲間で、その中のサルベコウイルス亜属に属しています。この亜属にはSARSウイルスも含まれます。一方、MERSウイルスはベータ・コロナウイルスの仲間ではあるものの、遺伝学的にはこれらのウイルスから少し離れています。

         

        20200204_02.jpg

        A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019, NEJM

         

        SARSウイルスに近縁とはいえ、これまでの感染や発症の状況をみていると、新型コロナウイルスはSARSとは異なる特徴をもっています。今後、ウイルス表面の分子の構造やウイルスの生活環などが明らかになっていくと、抗ウイルス剤の探索や簡易検査キットの開発などが進むでしょう。

         

        上の系統樹をみれば明らかなように、新型コロナウイルスの最も近縁なウイルスは、中国に生息するコウモリが保有しているSARSウイルスに似たウイルスです。したがって、今回出現した新型コロナウイルスは、もともとコウモリがもっていたウイルスが変異し、家畜あるいは野生生物を媒介にヒトに感染したものと考えられます。

         



        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

         

        01.jpgスペース・ツアー2020
        寺門和夫と行くNASAケネディ宇宙センターとスミソニアン博物館めぐり7日間 2020年6月10日(水)〜6月16日(火) 詳細はこちら

        20200118_01.jpg
        『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:142 最後に更新した日:2020/03/12

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM