ファースト・マン:ザ・ワースト・ロス

0

    FIRST MANThe Worst Loss

     

    はじめて月に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いた映画『ファースト・マン』がまもなく公開になります。原作はジェームズ・R・ハンセンが書いたアームストロングの伝記”FIRST MAN”です。

     

    20190206_01.jpg

     

    ハンセンはNASAのヒストリアンやアラバマ州オーバーン大学の教授として、アメリカの航空宇宙分野の歴史を研究した人物です。アームストロングは自らの伝記出版のオファーを断り続けていましたが、2002年、ハンセンの業績を認めて許可しました。”FIRST MAN”執筆のためにハンセンは125人にインタビューしました。その中にはアームストロング自身との50時間以上のインタビュー、最初の妻ジャネットとの12時間のインタビューが含まれます。

     

    当然のことですが、”FIRST MAN”の多くのページはアームストロングのNASAでの活動、特にアポロ11号の飛行に費やされています。しかしながら、ハンセンはアームストロングのきわめてパーソナルな出来事に関してもいくつか触れています。その1つは、娘カレンに関するもので、ハンセンは”The Worst Loss“として、これに1つの章を与えています。

     

    カレンは1962128日、脳腫瘍のために210か月で亡くなりました。カレンの発病から死までの時期は、アームストロングがNASAのテスト・パイロットとして数々の実験機の試験飛行をしていた時期にあたります。アームストロングはすぐれたテスト・パイロットでしたが、カレンの死の後、試験飛行で2度ほどミスをおかしています。誰にも語ることはありませんでしたが、アームストロングにとって非常につらい時期であったことを物語っています。

     

    この時期は同時に、アームストロングがNASAの宇宙飛行士第2期生の募集を知り、それに応募しようと考えはじめる時期に当たっています。アームストロングが宇宙飛行士になろうと考えたことと、カレンの死は関係していたのだろうかと、ハンセンは問いを投げかけています。彼の妹のジューンは、「それをきくことはできなかった」と語っています。しかし、「愛する娘の死は、彼のエネルギーをもっと前向きなものに集中させる原因になった」と彼女は考えています。

     

    カレンの死後、アームストロングはNASAの宇宙飛行士選抜に応募し、19629月、NASAはアームストロングら9人を宇宙飛行士2期生として発表しました。ジョン・グレンら宇宙飛行士第1期生の「オリジナル・セブン」に続く彼らは「ニュー・ナイン」とよばれました。

     

    NASAの宇宙飛行士はいくつかの私物を宇宙にもっていくことを許されています。月面に着陸した宇宙飛行士の中には、家族の写真を月にもって行ったり、月面に置いてきた人もいました。アームストロングはどうだったのでしょう。ハンセンの伝記によると、アームストロングはほとんど私物をもっていかなかったようです。当時の妻のジャネットによると、アームストロングはオリーブの枝をデザインしたピンを彼女のために月にもっていったが、二人の息子に何かを渡したことはなかったとのことです。

     

    アームストロングはカレンのために何かを月にもっていったのでしょうか。カレンの写真や形見の品を月面に置いてきたのでしょうか。ジューンは「そうであってほしい」といっています。しかし、アームストロングは何も語りませんでした。それは、将来宇宙飛行士が再び「静かの海」を訪れたときにわかるだろうと、ハンセンは書いています。


    コロンビアからの夜明け

    0

      Sunrise From Columbia

       

      NASAのホームページに、スペースシャトル、コロンビアから撮影された地球の夜明けの写真が掲載されています。2003122日、コロンビアのクルーキャビンから撮影され、地球に送られてきたものです。

       

      20190202_01.jpg

       

      コロンビアの28回目の飛行であるSTS-107は、2003116日に打ち上げられました。21日、コロンビアは16日間のミッションを終え、地球に帰還すべく、大気圏に再突入しました。しかし、ケネディ宇宙センターまであと16分のところにきたテキサス州上空で機体と7名のクルーの生命が失われました。

       

      今年は27日がNASADay of Remembranceで、宇宙への挑戦で失われたアポロ1号、チャレンジャー、そしてコロンビアのクルーを悼む日となっています。


      月からのメリー・クリスマス:アポロ8号から50年

      0

        Merry Christmas from the Moon50th Anniversary of Apollo 8

         

        今から50年前、アポロ8号は初めて月を周回する軌道に到達しました。クルーはジェームズ・ラヴェル、ウィリアム・アンダース、フランク・ボーマンの3人(下の画像で左から)でした。私たちにとっては当たり前になってしまった宇宙空間に浮かぶ青い地球や、月面から上る地球(アースライズ)の映像はアポロ8号によって人類に初めてもたらされたのです。

         

        20181223_01.jpg

         

        アポロ8号は19681221日に打ち上げられました。

         

        20181223_02.jpg

         

        下の画像はアポロ8号が地球の軌道を離れて月に向かった際に撮影したものです。

         

        20181223_03.jpg

         

        当時アメリカとソ連は月着陸競争を繰り広げていました。アメリカは月着陸を目指す大型ロケット、サターン5型を開発していました。アポロ8号はサターン5型に人間を載せる最初のミッションでした。一方、ソ連も巨大ロケットN-1を開発しており、196812月にN-1 で初の有人月周回を目指す宇宙船を打ち上げそうだという報告がCIAからもたらされました。しかし、N-1 12月に発射台を離れることはありませんでした。そこで、NASAはアポロ8号を地球周回軌道はなく、月周回軌道に送ることを決断したのです。このあたりのことは『ファイナル・フロンティア――有人宇宙開拓全史』に詳しく書きましたが、きわめて危険に満ちたミッションでもありました。

         

        アポロ8号は1224日に月を周回する軌道に達し、人類は初めて月の裏側を肉眼で見ました。月はいつも同じ面を地球に向けています。そのため、月面からは地球はいつも同じ位置に見えます。月の地平線から地球が上るシーンは、月を周回している宇宙船からしか撮影できません。下は、アポロ8号が撮影したアースライズの1シーンです。

         

        20181223_04.jpg

         

        地球はクリスマス・イヴを迎えていました。地球への2度目のテレビ放送で、アポロ8号は月の地平線に浮かぶ地球の映像を送ってきました。「地球の皆さまに、アポロ8号のクルーからメッセージがあります」。そして3人は交代で旧約聖書の『創世記』を朗読しました。「初めに、神は天地を創造された。・・・神は言われた。『天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。』そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた」。

         

        「おやすみなさい。メリー・クリスマス。地球のすべての人に神の御加護がありますように」。アポロ8号のコマンダーのボーマンは、放送をそう締めくくりました。



        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:111 最後に更新した日:2019/04/24

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM