最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
ソ連邦の歴史:共産党と宗教
History of the Soviet Union:Communist party and religion

下斗米伸夫氏の『ソビエト連邦史』(講談社学術文庫)を読み終えたところです。

20170430_01

本書は書名の通り、ロシア革命からソ連崩壊にいたるまでの歴史過程をまとめたもので、ビャチェスラフ・モロトフという革命家の軌跡をたどりながら、ソ連とは何であったかを検討していきます。モロトフは火炎瓶を示す「モロトフ・カクテル」でしか一般には知られていない(今ではそれさえも忘れられている)人物ですが、1890年に生まれ、1906年にボリシェビキに入党、1917年にロシア革命に参加し、以後ソ連共産党中枢にとどまり、スターリンに粛清されることなく生き延びました。1961年に共産党から除名されましたが、1984年に復党し、ゴルバチョフの登場を見守り、ソ連崩壊5年前の1986年に没しています。まさにソ連の歴史とともに歩いた人生といえるでしょう。

本書はこのモロトフを縦軸に、レーニンやスターリン、フルシチョフなどをめぐる人間関係が説明され、私がこれまで知らなかった事実がたくさん書かれていました。特に、ロシア正教の非主流派である「古儀式派」とロシア革命やソ連共産党との関係は興味深いものです。

この古儀式派については、下斗米氏は昨年出版された『宗教・地政学から読むロシア』(日本経済新聞社)において、そのはじまりから現在にいたる歴史やロシア革命との関係などを詳細に説明しています。「ロシアとは何か」を宗教と地政学から読み解くこの本は、現在のウクライナ問題を理解する上でも非常に重要です。2013年にロシアに併合されたクリミアは1954年に、ウクライナ出身のフルシチョフによる1片の文書でロシア領からウクライナ領となり、ソ連崩壊の際からその帰属が問題になっていた経緯がありますが、さらにこれにさきだつ10世紀末からの複雑な歴史的経緯が説明されています。この本はプーチン大統領の「東方シフト」を理解する上でも、非常に重要です。

現在のプーチンの戦略を理解する上では、小泉悠氏の『プーチンの国家戦略』(東京堂出版)も参考になります。
天舟1号、打ち上げ
Tianzhou 1 cargo ship launched

中国の無人補給船「天舟1号」が4月20日午後7時41分(北京時間)に、海南島の文昌衛星発射センターから打ち上げられました。

20170421_01

天舟1号は全長9m、直径3.35mで、補給物資を搭載する貨物部と、エンジンや機器類を収めた機器推進部から構成されます。軌道実験モジュール「天宮1号」をベースに製造されています。物資輸送能力は6.5トンで、日本の「こうのとり」、アメリカのドラゴンおよびシグナスと同規模です。また、燃料補給能力ももっています。

20170421_03

20170421_02

天舟1号は2日後に軌道実験モジュール「天宮2号」との自動ドッキングを行う予定です。今回の飛行は軌道上でのランデブー、ドッキング技術の実証が大きな目的であり、2か月の間にさらに2回のドッキングを試験することになっています。天宮2号に前方からアプローチしてドッキングする方法と、後方からドッキングする方法の両方が試されるようです。また、天宮2号への燃料補給も行います。天宮2号や国際宇宙ステーションが周回している高度には、わずかに空気が存在しています。宇宙ステーションの高度は少しずつ低くなっていくため、ときどきエンジンを噴射して高度を保つ必要があります。そのための燃料の補給も天舟1号の重要な役割になります。

天舟1号は2か月間の試験を終えた後、さらに3か月軌道上にとどまり、その後、大気圏に再突入する予定です。

今回のミッションは、中国の有人飛行計画において3つの非常に重要な意味をもっています。

第1は、天舟1号ミッションの成功によって、中国の有人宇宙計画の「第2段階」が終わるということです。中国は1992年に独自の有人宇宙計画「921計画」をスタートさせました。このとき、計画は3段階で行うことが決定されました。第1段階は、有人宇宙飛行を実現させること、第2段階は有人宇宙船と軌道上の実験モジュールとのドッキング、そして宇宙飛行士が宇宙に滞在するための技術を実現すること、そして第3段階は宇宙ステーションの実現です。昨年、神舟11号のクルーが天宮2号で1か月の宇宙滞在を行っており、第2段階の残された課題が、無人補給船による物資補給技術の実証でした。したがって、今回の天舟1号のミッションが成功すれば、第2段階は終了し、いよいよ独自の宇宙ステーション建設をめざす第3段階に入ることができるわけです。

第2は、天舟1号に打ち上げに使われた長征7号ロケットです。現在、中国では長年使用してきた長征2号、3号、4号シリーズのロケットを長征5号、6号、7号にリプレースすることが行われています。長征5号は重量級のロケットで2016年に初打ち上げが行われました。中国の宇宙ステーション建設にはこのロケットが使われます。6号は軽量のペイロードを打ち上げるためのロケットで、2015年に初打ち上げが行われています。長征7号は今後、長征ロケット・ファミリーの主力となるロケットで、これまで長征2号Fロケットで行っていた神舟宇宙船の打ち上げにも使われることになります。長征7号は2016年に最初の打ち上げを行っており、今回が2回目の打ち上げになります。

第3は、打ち上げが行われた文昌衛星発射センターです。中国にはこれまで3つ(酒泉、太原、西昌)の衛星発射センターがありました。文昌は2016年から使用が開始された中国の新しい衛星発射センターで、長征5号と長征7号の発射台はここにあります。これまで酒泉から打ち上げられてきた神舟宇宙船も、ここから打ち上げられるようになります。文昌は他の衛星発射センターに比べて緯度が低いため、静止衛星の打ち上げに適しており、今度、中国を代表する宇宙センターになっていきます。

このように、中国の宇宙開発は今、軌道上での強固なプレゼンスを確保するための新たな段階に入りつつあります。

中国の無人補給船「天舟1号」打ち上げへ
China's cargo spacecraft Tianzhou-1 to be launched

中国の無人補給船「天舟1号」が4月20日から24日の間に打ち上げられることになりました。天舟1号は軌道上の宇宙実験モジュール「天宮2号」と無人ドッキングを行います。下の画像の左が天宮2号、右が天舟1号です。

20170418_01

天舟1号は海南島の文昌衛星発射センターから、長征7号ロケットで打ち上げられます。下の画像は4月17日、組立点検棟から発射台に移動を開始した長征7号です。フェアリングの中に天舟1号が収められています。

20170418_02

下の画像は移動する長征7号を組立点検棟の屋上から撮影したものです。遠方左の建物が長征7号の発射台、右側は長征5号の発射台です。

20170418_03

天宮2号には昨年、神舟11号のクルー2名が約1か月の宇宙滞在を行いました。天舟1号のドッキングが成功すると、中国独自の宇宙ステーション建設への最後の関門がクリアされることになります。
太陽系のオーシャン・ワールド
Ocean worlds in solar system

土星の衛星エンケラドスと木星の衛星エウロパでの新しい発見について、NASA から発表がありました。これらの衛星の表面は氷におおわれていますが、その下には液体の海が存在すると考えられています。

土星を周回して観測を続けているカッシーニ探査機は、エンケラドスの南極域から噴出しているプルームをサンプリングし、質量分析器で調べました。

20170414_01

プルームの成分の大部分は水ですが、そこに水素が含まれていたとのことです。エンケラドスの海の底には、地球の深海底に存在する熱水鉱床を同じような、内部から熱水やミネラル分が噴出してくる場所があり、水素もそこで発生していると考えられるとのことです。

20170414_02

そうであるとすれば、水素をエネルギー源とする生命が誕生している可能性も否定できません。非常に興味深い発見です。

一方、エウロパに関しては、エンケラドスにみられるものと同じようなプルームをハッブル宇宙望遠鏡が観測しました。同望遠鏡は2014年にエウロパのプルームを観測していますが、2016年にふたたび観測に成功しました。

20170414_03

ガリレオ探査機のデータを用いて調べたところ、プルームが噴出していると考えられる場所(下左)は、ガリレオの観測で表面温度が周囲より高くなっていた領域(下右)でした。氷の下のある海の暖かい水が上昇しているためと考えられます。

20170414_04

NASA は2020年代にエウロパ・クリッパーという探査機を打ち上げる計画をもっています。この探査機は木星を周回しながら、いくつものセンサーを用いて主にエウロパの海に関する観測を行います。エウロパに十分接近することが可能なので、プルームが噴出している場所の氷の下をレーダーで調べたり、高性能の質量分析計でプルームの成分を観測したりすることができます。今回の発表は、エウロパ・クリッパー・ミッションに大きな期待をもたせるものとなりました。

▲PAGE TOP