最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
考古学と偵察衛星:コロナ衛星の画像で発掘場所を決定
Archaeology and reconnaissance satellite:Pinpointing an excavation site using Corona imagery

ペンシルロケットの実験場所を地中レーダーで正確に特定した「国分寺インディジョーンズ計画」でお世話になった早稲田大学部文学学術院の城倉正祥先生が、早稲田大学総合人文科学研究センターの研究誌『WASEDA RILAS JOURNAL』第4号(2016年10月)に、キルギス共和国アク・ベシム遺跡の発掘に関する非常に興味深い論文を発表しています。

アク・ベシムはシルクロードの重要な交易都市でした。玄奘三蔵の『大唐西域記』にも登場します。玄奘はインドに向かう途中ここに立ち寄り、当時この都市を支配していた西突厥の王から歓待を受けたとのとのことです。アク・ベシム遺跡の調査は19世紀末からはじまり、20世紀には遺跡の発掘が行われました。同遺跡はシャフリスタン、ラバト、ツィタデルの3つの地区からなっています。

城倉先生が参加した2015年度採択の科研費基盤研究B(海外学術)「中央アジア、シルクロード拠点都市と地域社会の発展過程に関する考古学的研究」(代表:山内和也)によるアク・ベシム遺跡の調査では、特にラバトの発掘調査が重要とされました。ラバトは二重の城壁や内側の城壁から南へ向かう大通りなどをもっています。発掘のターゲットはラバト中心部を矩形に囲む内側の城壁のうちの東壁とされました。しかし、ラバト中心部分一帯は、現在では耕作地となっており、その場所を正確に特定することができなくなっていました。

時間の制約で地中レーダーによる探査ができない中、発掘場所を決めるために重要な役割を果たしたのが、コロナ衛星の画像でした。コロナ衛星は1960年から1972年までアメリカが運用していた偵察衛星のシリーズで、1995年にその画像は機密解除となり、一般に公開されました。

20161024_01

コロナ衛星が1967年に撮影した写真には、小麦畑の下に埋もれてしまった内側の城壁がはっきり写っていました。しかし、コロナ衛星の画像は座標データをもっていないため、この画像だけでは、発掘場所を決めることができません。そこで城倉先生らはコロナ衛星の画像と、フランスの商業衛星プレアデスが2014年に撮影した画像を合成し、座標データをもつ現在の画像の上に遺跡を「復元」しました。ただし、コロナ衛星の歪みを調整して正確に合成することはソフトウエアだけではできず、アナログの作業も必要でした。考古学者としての画像判読技術が求められたとのことです。

城倉先生らはこの「復元画像」を現地にもっていき、その座標をもとに城壁があったと思われる場所を調べました。すると、わずかな高まりが南北につづく地点が観察されたため、この場所を中心に幅2m、長さ20mの東西に長いトレンチ(発掘区)を設定しました。このトレンチを発掘したところ、すぐに中央部に城壁の基礎が発見されたのです。

コロナ衛星の画像はこれまでも考古学に使われてきましたが、遺跡周囲の環境を見るものがほとんどでした。発掘位置をピンポイントで決定するのに使われ、まさにその場所で遺構が確認されたのは、今回がはじめてといってよいのではないでしょうか。コロナ衛星画像の考古学への応用に、新しい分野を切り開く研究だと思います。

この『WASEDA RILAS JOURNAL』誌第4号には、国分寺インディジョーンズ計画でやはりお世話になった近藤二郎先生も、古代エジプトの王妃ティイのレリーフについての論文を発表しています。こちらも興味深いものでした。
JAXA 航空シンポジウム2016
『JAXA 航空シンポジウム2016: 技術力×連携が目指す新たなステップ』が10月13日に東京ビッグサイトで開催されます。

20161003_01

参加申し込みはこちらから。

今年も私が進行役をつとめさせていただくことになりました。今回のシンポジウムでは、JAXA が取り組んでいる「航空分野におけるオープンイノベーションハブ」について発表があります。また、今話題のMRJ について、三菱航空機技術本部副本部長の佐倉潔氏とJAXA 航空技術部門航空プログラムディレクタの大貫武氏からお話をうかがうことになっています。とても楽しみです。

▲PAGE TOP