最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2015 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
ミスター・スポックが死去
NASA Remembers Leonard Nimoy

『スタートレック』シリーズでミスター・スポック役を演じたレナード・ニモイ氏が2月27日に亡くなりました。

20150228_01

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中のNASA の宇宙飛行士テリー・バーツは、ニモイ氏をしのび、ツイッターに下の写真をアップしました。

20150228_02

NASA のウェブサイトも哀悼の意を表し、「NASA のミッションに携わってきた科学者、技術者、宇宙飛行士は、彼から大きなインスピレーションを受けた。彼はUSS エンタープライズのサイエンス・オフィサー以上の存在だった」という、チャールズ・ボールデン長官のメッセージを紹介しています。ニモイ氏はNASA のイベントなどに度々協力し、現在、準惑星ケレスに接近中の探査機「ドーン」の紹介動画のナレーターもつとめています。

スペースシャトル開発の過程で、滑空試験用のオービター「OV-101」が製作されました。この機体は当初「コンスティテューション」という名前がつけられることになっていましたが、当時放映されていた『スタートレック』の多くのファンは「エンタープライズ」と名付けるようNASA に要望しました。ホワイトハウスもこれに賛成し、エンタープライズと名付けられた経緯があります。NASA のウェブサイトには、1976年のエンタープライズのロールアウト時の写真も掲載されました。ニモイ氏をはじめ、USS エンタープライズのクルーが写っています。

20150228_03

左から、ジェームズ・フレッチャー(NASA 長官)、デフォレスト・ケリー(マッコイ役)、ジョージ・タケイ(スールー役)、ジェームス・ドゥーアン(スコット役)、ニッシェル・ニコル(ウフーラ役)、レナード・ニモイ、ジーン・ロッデンベリー(『スタートレック』制作者)、ドン・フュークア(フロリダ州選出の民主党議員)、ウォルター・ケーニング(チェコフ役)です。

エンタープライズによる飛行試験ATL(Approach and Landing Tests)は1977年に行われました。SCA(スペースシャトル輸送用に改造されたボーイング747)の上部に固定したままの飛行を合計8回行った後、5回の自由飛行が行われました。

20150228_04

ミスター・スポックの母星である惑星バルカンの太陽のモデルとして、最初、エリダヌス座イプシロン星とエリダヌス座40番星があげられていました。『スカイ&テレスコープ』誌の1991年7月号にロッデンベリーとハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者3名による手紙が掲載されました。この中で、「われわれはエリダヌス座40番星をバルカンの太陽にしたい」と述べられています。その理由として、40番星の年齢が約40億年で太陽の年齢に近いこと、一方、イプシロン星は年齢が10億年と若すぎ、高度な文明が登場するには至っていないと考えられることを上げています。

エリダヌス座40番星は地球からの距離が約16光年で、3個の星から構成される三重連星系であることがわかっています。このうちの40番星A がバルカンの太陽と考えられています。

最近はたくさんの系外惑星が発見されています。NASA が系外惑星の探査を始めた頃、バルカンもいずれ発見されるだろうと期待されていました。NASA の系外惑星データベースをチェックしたところ、現在、合計1819個の系外惑星が確認されています。しかし、残念ながらエリダヌス座40番星ではまだ惑星は確認されていません。ちなみに、イプシロン星では、惑星が1個、発見されています。

NASA のケプラー望遠鏡はそれ以外に約4200個の惑星候補を発見しています。ケプラーが観測を行ったのは主にこと座やはくちょう座の方向でしたが、4200個の中にバルカンは含まれているのでしょうか。
ニュー・ホライズンズ、冥王星に接近中
New Horizons to Pluto

NASAの冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」は、今年7月14日に冥王星に最接近の予定です。下の画像は、冥王星に接近したニュー・ホライズンズの想像図です。冥王星の向こうにあるのは衛星カロンです。

20150205_01

ニュー・ホライズンズは1月25日に距離約2億kmから冥王星とカロンを撮影しました。

20150205_02

昨年までは、冥王星はかすかな光の点でしたが、今では形をもった光のかたまりになって見えてきました。これからだんだんと、表面の様子が分かってくるでしょう。

ニュー・ホライズンズは2006年1月に打ち上げられ、太陽系最遠の惑星への旅に出発しました。ところが、その年の8月に行われた国際天文連合の会議において、冥王星は準惑星に降格してしまいました。下の画像は、2006年から現在までのニュー・ホライズンズの経路です。

20150205_03

20150205_04

最新情報はNASAのツイッター NASA New Horizons と、PIのアラン・スターンさんのツイッター NewHorizons2015 でチェックしましょう。

▲PAGE TOP