ニュー・ホライゾンズが太陽系の果ての天体を観測

0

    New Horizons Successfully Explores Ultima Thule

     

    2019年は太陽系の果てからのメッセージとともに明けました。

     

    201911日午前1233分(アメリカ東部時間)、NASAの探査機ニュー・ホライゾンズは太陽系外縁部にあるカイパーベルト天体ウルティマ・トゥーレに接近し、その画像を送ってきました。地球からの距離は約66km。探査機が観測した最も遠くにある天体です。ウルティマ・トゥーレとは「世界の果ての遠い島」という意味です。

     

    20190101_01.jpg

     

    ニュー・ホライゾンズが3500kmの距離から撮影したウルティマ・トゥーレはボーリングのピンのような形をしており、サイズは32×16kmでした。15時間もしくは30時間で自転しているようです。

     

    20190101_05.jpg

     

    太陽系の外縁部には小天体がたくさん分布しており、太陽系外縁天体あるいはカイパーベルト天体とよばれています。2015年に冥王星の探査を終えたニュー・ホライズンズは、次の目標として、2014年に見つかっていたカイパーベルト天体MU69を目指すことになり、MU69にウルティマ・トゥーレという愛称がつけられました。

     

    20190101_03.jpg

     

    20190101_04.jpg

     

    ニュー・ホライゾンズは今後20か月をかけて、ウルティマ・トゥーレの科学データを送ってくることになっています。太陽系初期の姿をとどめるウルティマ・トゥーレがどのような驚きをもたらしてくれるのか楽しみです。



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:94 最後に更新した日:2019/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM