最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
「はやぶさ」、カプセル回収へ
小惑星探査機「はやぶさ」は第2次軌道制御を終え、イオンエンジンの連続運転を終了しました。これによって、イオンエンジンによって地球と小惑星を往復するという「はやぶさ」の大きな目的は達成されました。今後は、小惑星イトカワのサンプルを収めたカプセルの回収という最後の難関に挑むことになります。

現在「はやぶさ」は地球をかすめる軌道にあります。これは万が一、「はやぶさ」の制御が不能になった場合に、地球に落下することがないようにする措置です。今後、6月の大気圏再突入に向けて、何度か軌道を修正し、オーストラリアのウーメラへカプセルを着陸させるための精密誘導を行います。

「はやぶさ」本体から分離された直径約40cmのカプセルは秒速12km以上で大気圏に突入します。大気との摩擦温度は3000℃に達する見通しです。そのため、「はやぶさ」のカプセルの耐熱カバーは高温に耐える特殊な炭素複合材でつくられています。

大気圏再突入後、「はやぶさ」のカプセルの耐熱カバーは分離され、イトカワのサンプルを収めた容器は、パラシュートで降下していきます。アポロ計画を別とすれば、太陽系物質の地上への回収は、過去2回、NASA によって行われています。彗星のちりを採集して地球に持ち帰ったスターダストのカプセルは無事回収されましたが、太陽風物質を集めて地球に持ち帰ったジェネシスのカプセルは、大気圏再突入後、パラシュートが開かず、地上に衝突して大破しました。原因は、加速度を検知してパラシュートを開かせるための「Gスイッチ・センサー」が作動しなかったためと考えられています。下の写真は、左がスターダストのカプセル、右がジェネシスのカプセルです。

earth_return

太陽系の天体からのサンプルリターン・ミッションでは、「宇宙検疫」の問題をクリアすることが義務づけられています。宇宙検疫(Planetary Protection)とは、地球上の生命体が他の天体を汚染すること(Forward Contamination)、および他の天体の生命体が地球を汚染すること(Back Contamination)を防止するための措置です。宇宙検疫についてはCOSPAR(宇宙空間研究委員会)という国際組織で検討されています。

火星やエウロパなど、生命の存在の可能性がある天体からのサンプルリターンでは、回収されたサンプルはエボラウイルスやマールブルグウイルスのような危険性がきわめて高い病原体をあつかうバイオセイフティー・レベル4と同等あるいはそれ以上の施設に収容することが義務づけられています。SF 映画『アンドロメダ病原体』のようなことが絶対起こらないようにするためです。ただし、S型の小惑星であるイトカワはこのような範疇の天体となみなされておらず、サンプルを収容する相模原の施設にはこれだけの条件は要求されていません。

▲PAGE TOP