最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
衛星タイタンの素顔
カッシーニ探査機は今年の1月28日に、土星の衛星タイタンへの67回目の接近を行いました。タイタンへの継続的な観測によって、この衛星について興味深い事実が次々に明らかになっています。

最近発表された論文によると、タイタンの内部は氷と岩石がミックスされた状態とのことです。タイタンは低温だったため、内部が層状の構造に分化することはなかったようです。下の図は、タイタンの内部の想像図です。オレンジ色の大気の下には、地殻にあたる氷の層(灰色)があります。その下には液体の海が存在するという仮説もあり、この図ではそれが青色で示されています。その下にも氷の層(灰色)があり、さらにその下は氷と岩石が未分化のままミックスされた状態になっています。

titan

一方、タイタンの表面の様子も次第に明らかになってきました。フランク・ハーバートのSF『デューン』シリーズに登場する惑星の名前からとられたシクン・ラビリンサス(シクンの迷宮)とよばれる地形は、地球のカルスト地形によく似ています。氷に有機物が混じったタイタンの表面を液体のメタンやエタンが流れて侵食してできた地形かもしれません。

sikun

▲PAGE TOP