NASAの商業クルー輸送計画

0

    NASA’s Commercial Crew Program

     

    2018年はNASAの商業クルー輸送計画(CCPCommercial Crew Program)にとって、大きな飛躍の年になりそうです。CCPとは国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー輸送にアメリカの民間の有人宇宙船を使う計画です。

     

    20180106_01.jpg

     

    2011年にスペースシャトルは退役しましたが、NASAはそれ以前から将来のISSへのクルー輸送に民間の宇宙船を使う計画を進めていました。この計画にもとづき、ボーイング社はCST-100 (スターライナー)を、スペースX社はドラゴン宇宙船の有人型(クルー・ドラゴン)の開発を進めてきました。また、ロバート・ベンケン、サニータ・ウィリアムズ、エリック・ボー、ダグ・ハーリーの4名の宇宙飛行士がCCPミッションにアサインされ、現在訓練を続けています。

     

    20180106_02.jpg

     

    CCPのロゴはNASAの宇宙飛行のシンボルとしてアポロ計画の頃から使われてきたデザインをベースにしています。3本の光線が通り抜けるリングは地球周回軌道を意味しています。

     

    20180106_03.jpg

     

    ボーイング社のCT-100 スターライナーはULAのアトラスV型ロケットを使ってケネディ宇宙センターの41発射台から打ち上げられます。

     

    20180106_04.jpg

     

    スペースX社のドラゴン有人型(クルー・ドラゴン)はケネディ宇宙センターの39A発射台からファルコン9ロケットで打ち上げられます。

     

    20180106_05.jpg

     

    両社ともまずISSへの無人試験飛行を行った後、ISSへの有人試験飛行を行う予定です。両社の宇宙船とも定員は6名ですが、有人試験飛行は2名で行われる予定です。これらの成功後、NASA2019年から2014年まで間、各6回のクルー輸送ミッションを発注する予定です。それぞれ1年に1回の飛行という計算になります。

     

    2018年は初の有人試験飛行に向けた重要な年になります。スペースX社では2018年の第2四半期にISSへの無人試験飛行を、第3四半期の有人試験飛行を行うことを目指しています。ボーイング社のスターライナーはそれよりも少しスケジュールが遅れそうです。



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:79 最後に更新した日:2018/11/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM