月からのメリー・クリスマス:アポロ8号から50年

0

    Merry Christmas from the Moon50th Anniversary of Apollo 8

     

    今から50年前、アポロ8号は初めて月を周回する軌道に到達しました。クルーはジェームズ・ラヴェル、ウィリアム・アンダース、フランク・ボーマンの3人(下の画像で左から)でした。私たちにとっては当たり前になってしまった宇宙空間に浮かぶ青い地球や、月面から上る地球(アースライズ)の映像はアポロ8号によって人類に初めてもたらされたのです。

     

    20181223_01.jpg

     

    アポロ8号は19681221日に打ち上げられました。

     

    20181223_02.jpg

     

    下の画像はアポロ8号が地球の軌道を離れて月に向かった際に撮影したものです。

     

    20181223_03.jpg

     

    当時アメリカとソ連は月着陸競争を繰り広げていました。アメリカは月着陸を目指す大型ロケット、サターン5型を開発していました。アポロ8号はサターン5型に人間を載せる最初のミッションでした。一方、ソ連も巨大ロケットN-1を開発しており、196812月にN-1 で初の有人月周回を目指す宇宙船を打ち上げそうだという報告がCIAからもたらされました。しかし、N-1 12月に発射台を離れることはありませんでした。そこで、NASAはアポロ8号を地球周回軌道はなく、月周回軌道に送ることを決断したのです。このあたりのことは『ファイナル・フロンティア――有人宇宙開拓全史』に詳しく書きましたが、きわめて危険に満ちたミッションでもありました。

     

    アポロ8号は1224日に月を周回する軌道に達し、人類は初めて月の裏側を肉眼で見ました。月はいつも同じ面を地球に向けています。そのため、月面からは地球はいつも同じ位置に見えます。月の地平線から地球が上るシーンは、月を周回している宇宙船からしか撮影できません。下は、アポロ8号が撮影したアースライズの1シーンです。

     

    20181223_04.jpg

     

    地球はクリスマス・イヴを迎えていました。地球への2度目のテレビ放送で、アポロ8号は月の地平線に浮かぶ地球の映像を送ってきました。「地球の皆さまに、アポロ8号のクルーからメッセージがあります」。そして3人は交代で旧約聖書の『創世記』を朗読しました。「初めに、神は天地を創造された。・・・神は言われた。『天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。』そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた」。

     

    「おやすみなさい。メリー・クリスマス。地球のすべての人に神の御加護がありますように」。アポロ8号のコマンダーのボーマンは、放送をそう締めくくりました。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:115 最後に更新した日:2019/06/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM