最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
3D 映像の未来
『アバター』を観てきました。

映像の技術が進歩すればするほど、それを使いこなすだけのイマジネーションが必要になる。それがなければ、映画は技術のしもべとなってしまう。衛星パンドラの森の中のシーンが登場し、この作品が『もののけ姫』の3D 版だということが分かってからというもの、私は最後までそれを考えながら観続けました。

SF としての設定の陳腐さ、かわり映えしないメカ、木星の大赤斑を青に変えただけの惑星ポリフェマスのチープさ、どこかで見たような風景。結局、新しいものは何もなく、3D 映像の可能性について認識させられたのみに終わりました。

『ジュラシックパーク』が登場したとき、CG は、古生物学者の頭の中にしかなかった恐竜の動く姿を再現しようというスピルバーグの意思を実現するための、強力なツールとなりました。CG を道具にするだけのタフなイマジネーションが制作側にあったわけです。その映画制作におけるCG の利用は、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作によって、なすべきことはすべてなされてしまったような気がします。

3D は、次の映像表現技術として注目されています。確かに、『アバター』の3D 表現は、これまでの3D 技術から大きな飛躍がなされている感じがします。技術の改良はこれからも進み、制作コストもどんどん下がるでしょう。私自身も、3D 技術の今後には大きな期待をもっています。それだけに、観るものを感動させるソフトの開発が大きな課題です。

▲PAGE TOP