最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
スピリット救出作戦、スタートへ
NASA の火星ローバー、スピリットは今年の4月23日、今ではトロイと呼ばれている場所で車輪を砂にとられ、移動不能な状態におちいりました。下の画像は、スピリットの状態を示しています。スピリットの6つの車輪のうち、以前から作動していない右前の車輪を除き、残りの5つの車輪は砂に埋もれてしまい、もう少しでローバーの腹が砂に接しそうになっています。

スピリットの状態

ジェット推進研究所では、スピリットを脱出させるための検討作業が懸命に続けられてきました。この作業は火星と同じ性状の砂をつくることからはじまり、この砂を使ったトロイの環境を室内につくり、ここでローバーの実物大模型を動かして、いかにすればスピリットを脱出させられるかが調べられました。

脱出方法の検討

NASA はこれまでの検討を踏まえ、月曜日から、スピリットを救出するための作業を開始すると発表しました。この作業はまず、スピリットの生きている5つの車輪をそれぞれ前進方向に少しだけ回転させてみることからはじまります。その結果をみて、実際にスピリットを脱出させる手順を来年はじめまでに作成するとのことです。いずれにしても、この救出作戦は時間がかかりそうです。

火星ローバー、スピリットとオポチュニティーは2004年1月に火星に着陸しました。ミッション期間は90日の予定でしたが、2機のローバーは現在も生存しており、火星での滞在期間は2000火星日(1火星日は約24時間37分)を超えています。私はこの2基のローバーが地球に送ってきた驚くべきパノラマ写真を紹介した本『火星からのメッセージ』(ランダムハウス講談社)の翻訳監修をしました。そのような縁もあって、スピリット救出作戦の行方には特別の関心をもっています。

▲PAGE TOP