iPS細胞からつくった血小板が臨床研究へ

0

    京都大学iPS細胞研究所は、再生不良性貧血の患者にiPS細胞からつくった血小板を輸血する臨床研究計画を発表しました。

     

    20180730_01.jpg

     

    厚生労働大臣に、この研究にかかわる再生医療等提供計画を提出されており、近い将来、臨床研究がはじまるとみられます。

     

    血小板は血液細胞の1つで、止血作用をもっています。外傷で大量に出血している場合や外科手術前、さらにはがんの化学療法時や再生不良性貧血の治療などで、患者に血小板が輸血されています。

     

    血小板を含め、医療の現場で使用される輸血製剤は、すべて献血に頼っています。しかし近年、献血者数は次第に減少しています。一方、高齢化が進む中で、今後必要になる血液は増加すると予測されています。厚生労働省の統計によると、2027年には、献血者不足のために、わが国で必要な輸血製剤の20%近くが供給できなくなると推定されています。これがいわゆる「2027年問題」です。特に血小板はそれ以前に不足する状況が来ると懸念されています。

     

    このため、iPS細胞研究所の江藤浩之先生のグループはiPS細胞で血小板を大量につくる方法の研究を進めてきました。今回の臨床試験では、この方法で作製した血小板を再生不良性貧血の患者1名に輸血し、輸血後1年間にわたって安全性の検証を行います。

     

    再生不良性貧血の患者の場合、血小板が不足してくると血小板輸血が行われます。しかし、免疫の型が合わないと血小板輸血不応になる場合があり、その場合、以後の輸血が難しくなります。患者自身の細胞からiPS細胞を作成し、そのiPS細胞から血小板をつくって輸血すれば、血小板輸血不応になることはありません。今回は、患者の末梢血単核球からiPS細胞を作製するとのことです。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:69 最後に更新した日:2018/09/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM