パーカー・ソーラー・プローブ:太陽の黄金の林檎

0

    Parker Solar Probe:The Golden Apples of the Sun

     

    NASAの太陽観測探査機パーカー・ソーラー・プローブが、8月12日、ケープ・カナヴェラル空軍基地からデルタ献悒咫次Ε蹈吋奪箸砲茲辰涜任曽紊欧蕕譴泙靴拭

     

    20180812_01.jpg

     

    20180812_02.jpg

     

    パーカー・ソーラー・プローブは10月に最初の金星フライバイを行い、太陽に2400万kmまで接近し、観測を開始します。その後さらに6回の金星フライバイを行いながら7年間のミッションを行います。この間、最接近時の太陽までの距離は600万kmにまでなるとされています。太陽から水星までの距離の約10分の1です。

     

    20180812_03.jpg

     

    太陽表面の温度は約6000度Cですが、高度数万kmにまで広がるコロナの温度は100万度Cにまで達します。パーカー・ソーラー・プローブによる観測の最大の目的は、太陽にできる限り近づき、コロナがなぜそんなに高温になるのかを解明することです。太陽に接近してコロナの謎を探るソーラー・プローブの構想はだいぶ前からありましたが、太陽の高熱に耐えられる遮熱材の開発に時間がかかりました。

     

    20180812_04.jpg

     

    パーカー・ソーラー・プローブの太陽への冒険の旅で思い出すのは、イェーツの詩にその題名をとった、レイ・ブラッドベリの『太陽の黄金の林檎』です。地球のエネルギーが枯渇してしまったため、宇宙船「金杯号」は燃えさかる太陽に向かいます。太陽の表面から炎をすくい上げて地球にもち帰り、ふたたび町を明るく照らし、機械を動かすためです。金杯号には2000本のレモネードと1000本のビールが積み込まれていました。船内は「アンモニア化合物」を用いた冷却装置によって極低温に保たれています。ちなみに、パーカー・ソーラー・プローブも加圧した水を用いる冷却装置を搭載しています。

     

    間近に見る太陽とは、どのようなものなのでしょうか。「ここには、太陽、太陽、太陽があるのみなのだ。太陽があらゆる地平線であり、太陽がすべての方角である」(小笠原豊樹訳)と、ブラッドベリは書いています。私たちはそのような太陽のはげしい姿の一端を、日本の太陽観測衛星「ひので」やNASAの太陽観測衛星「SDO」などの観測画像で知ることができます。下の画像はSDOがとらえた太陽表面の爆発現象です。

     

    20180812_05.jpg

     

    金杯号は首尾よく太陽の炎をすくい上げ、地球への帰路につきました。パーカー・ソーラー・プローブも太陽に関するたくさんの知見を地球にもたらすでしょう。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:69 最後に更新した日:2018/09/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM