キュリオシティが火星で複雑な有機物を発見

0

    Curiosity Finds Ancient Organic Materials

     

    NASAは火星ローバー、キュリオシティが採取した岩石サンプルから何種類もの複雑な有機物を発見したと発表しました。

     

    20180609_01.jpg

     

    キュリオシティは着陸したゲール・クレーター内を移動しながら調査を続けています。火星には太古、豊富な水が存在しました。ゲール・クレーターも35億年ほど前には湖だったと考えられています。今回、有機物が発見されたと発表された岩石はこの時代の泥岩です。火星に原始的な生命が存在していたかもしれないと考えられている時代の泥岩から有機物が発見されたわけです。

     

    キュリオシティはドリルで岩石に深さ5cmほどの穴を明けてサンプルう採取し、SAMという装置で加熱し、出てきたガスの質量分析をしました。『サイエンス』誌に掲載された論文によると、チオフェン、2-メチルチオフェン、3-メチルチオフェン、メタンチオール、ジメチルスルフィド、ベンゾチオフェンなどが検出されました。ただし、これらの有機物が生命起源であるのか、それとも自然起源であるのかは、今回の調査では結論がでません。

     

    今回の発見により、非常に古い時代につくられた有機物が火星表面近くに分布している可能性が示唆されます。ただし、火星の表面は宇宙放射線や紫外線などの照射にさらされており、有機物は分解したり、変質してしまいます。照射の影響のない深い箇所からサンプルを採取すれば、火星の生命に関するより具体的な情報が得られて可能性があり、将来の火星探査に期待がかけられます。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:63 最後に更新した日:2018/08/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM