ソユーズ1号:コマロフの墜落

0

    Soyuz 1:Komarov’s Fall

     

    今から51年前の1967年4月23日、ソ連の新しい宇宙船ソユーズ1号がバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。搭乗していたのはウラジーミル・コマロフでした。コマロフは1960年に宇宙飛行士に選抜されました。1964年にボスホート1号で初飛行をしており、これが2回目の宇宙飛行でした。コマロフは世界初の有人宇宙飛行を行ったユーリー・ガガーリンの親しい友人でもありました。

     

    20180423_01.jpg

     

    当時、アメリカとソ連は月着陸一番乗りの競争を展開していました。月への有人飛行のためにソ連が開発した宇宙船がソユーズです。ソユーズ1号が予定の軌道に入ると、コマロフの妻ワレンティナは同僚の宇宙飛行士パヴェル・ポポビッチから、夫が宇宙にいることを知らされました。当時のソ連では、有人宇宙船の打ち上げは国家機密であり、宇宙飛行士は宇宙に「出張」することを妻にさえ告げることはできませんでした。

     

    打ち上げは順調に行われましたが、すぐにトラブルが発生しました。2枚の太陽電池板のうち左側の1枚が開かず、十分な電力が得られなかったのです。おまけにスターセンサーが働かず、姿勢制御ができない状態でした。宇宙船は制御不能におちいりました。コマロフは宇宙船のコントロールを回復しようと試みましたが、うまくいきませんでした。

     

    ソユーズ1号は7周目から13周目まで、ソ連の追跡局の交信範囲を外れてしまいます。管制室からは交信が回復するまで、就寝するようにという指示が出されましたが、おそらくコマロフはその間も宇宙船と格闘していたと思われます。13周目で交信が回復したとき、コマロフは宇宙船がまだ制御不能であることを報告してきました。

     

    ソユーズ1号は翌日に打ち上げられるソユーズ2号とドッキングすることになっていました。月への飛行に必要なドッキングと船外活動による宇宙飛行士の移乗をテストするためでした。しかし、ここにいたって、ソユーズ2号の打ち上げはキャンセルされ、コマロフは緊急帰還することになりました。16周目、コマロフは大気圏再突入を試みましたが、うまくいきませんでした。17周目での試みも、不成功に終わりました。

     

    事態はきわめて深刻でした。急きょ、コマロフの妻ワレンティナのもとに、管制室から迎えの車が差し向けられました。コマロフとワレンティナは数分間、2人だけで話をすることができました。

     

    18周目、コマロフはなんとか宇宙船の姿勢を制御し、大気圏突入を成功させました。しかし降下の最終段階で問題がおこりました。メインパラシュートを引き出すためのドラッグシュートがからまってしまったのです。そのため、メインパラシュートは開きませんでした。宇宙船は地上に激突し、コマロフは宇宙飛行で死亡した最初の人間となったのです。

     

    20180423_02.jpg

     

    ソユーズ宇宙船のパラシュートには開発当初から問題があり、ソユーズ1号の打ち上げ時にも、問題は完全には解決していなかったとみられます。ソユーズ1号の搭乗者はプライムがコマロフ、バックアップはガガーリンで、コマロフが搭乗を断れば、ガガーリンが搭乗することになっていました。しかしコマロフはソユーズ1号の飛行の危険性を知っており、友人であり、国家的にも重要な人物であるガガーリンを危険にさらすわけにはいかないと判断し、搭乗を引き受けたといわれています。コマロフの遺体はクレムリンの壁に埋葬されました。下の画像の、コマロフの写真の前にひざまずいているのが妻のワレンティナです。

     

    20180423_03.jpg

     

    EMIクラッシクスの『惑星』(指揮:サイモン・ラトル、演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)のCD2には、ソユーズ1号の事故を題材にしたブレット・ディーン作曲の「コマロフの墜落」が入っています。

     

    20180423_04.jpg

     

    ブレット・ディーンは「コマロフの墜落」を作曲するにあたり、コマロフとワレンティナの最後の会話に強い印象を受けたようです。どのような会話であったかは公表されていませんが、確かにそれは、ソ連の有人宇宙計画の歴史の中でも他に例のない特別なエピソードでした。「この情景は作品の中ほどの、短いながらも抒情的な部分で表現されている」と、ディーンは述べています。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:58 最後に更新した日:2018/07/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM