アポロ13号:Failure is not an option

0

    Apollo 13:Failure is not an option

     

    アポロ13号の劇的な帰還に関しては、ヒューストンのミッション・コントロール・センター(MCC)が大きな役割を果たしました。

     

    20180411_01.jpg

     

    アポロ13号ミッションで、主任フライト・ディレクターとしてMCCのホワイトチームを率いたジーン・クランツは、アポロ13号のクルーとともに大統領自由勲章を授与されています。彼のトレードマークはクルーカットの髪と、ミッションにかかわる人々に敬意を表して着用していたベストでした。上の画像で、手前右にいるのがクランツです。

     

    アポロ13号にまつわる言葉として有名なのが ”Failure is not an option”(失敗という選択肢はない)です。この言葉はヒューストンではとても有名で、スペースセンター・ヒューストンに行くと、Tシャツやマグカップ、ポストカードなどにこれを使ったおみやげ品がたくさん並んでいます。

     

    ”Failure is not an option” は時としてジーン・クランツの言葉とされますが、実際はトム・ハンクス主演の映画『アポロ 13』(1995年公開)の制作時に誕生したものです。『アポロ13』は、アポロ13号の船長だったジェームズ・ラベルの著書『Lost Moon』の映画化でした。細部に事実と異なるところがあり、ハリウッド流の演出が気になる点はあるものの、よくつくられた映画だと思います。私が一番気になったのは、トム・ハンクスが実際のラベル船長にぜんぜん似ていないことでした。

     

    さて、『アポロ13』がつくられる前、2名の脚本家がヒューストンを訪れ、アポロ13号当時のフライト・コントローラーであり、『アポロ 13』のテクニカル・アドバイザーをつとめたジェリー・ボスビックに取材しました。「MCCの人たちというのは、どのような人種なのですか」「パニックになることはあるのですか」といった質問に、ボスビックは「何か悪いことが起きたとき、私たちは冷静にすべての選択肢を考えました。失敗はそれらの選択肢の中にはありませんでした。私たちはパニックになることはありません。解決策を見つけることをあきらめたことはありませんでした」と答えました。

     

    ボスビックの言った ”we just calmly laid out all the options, and failure was not one of them” は、いたく彼らを刺激したようです。「映画のキャッチフレーズはこれだ!Failure is not an option。あとはこれを誰の台詞にするかだ」。こうして『アポロ13』で、ジーン・クランツを演じたエド・ハリス(こちらは本人に似ていました。もっと似ていたのはディーク・スレイトン役のクリス・エリスでしたが)が、”We’ve never lost an American in space and we’re sure as hell not gonna lose one on my watch! Failure is not an option!”  と皆に檄を飛ばすシーンが誕生したのです。

     

    ”Failure is not an option” が多くの人に勇気を与える言葉であることは間違いないでしょう。ジーン・クランツ自身も、ミッション・コントロールの任務を的確に表現する言葉として ”Failure is not an option” が気に入ったようで、2000年に出版された彼の著書のタイトルに使っていますし、本の中でも、3か所にこの言葉が出てきます。ミッション・コントロールでは、実際には “option” ではなく ”workaround” という言葉が使われますが、この ”workaround” とは「選択肢、別の方法、マニュアルや説明書類には載っていない問題の解決策」であると、クランツはこの本の中で語っています。

     

    20180411_02.jpg

     

    “Failure Is Not An Option” にはジェット戦闘機のパイロットからNASAの管制官に転身し、多くの有人ミッションを経験したクランツの半生が書かれています。ジョン・グレンのフレンドシップ7 の帰還の際に緊迫した状況があったことをここここに書きましたが、この本で、クランツはそのとき地上でどのような動きがあったかをくわしく書き、フレンドシップ7のミッションは、ミッション・コントロールにとって大きな転換点になったと書いています。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:44 最後に更新した日:2018/04/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM