天宮1号の大気圏再突入は4月1日か2日

0

    Tiangong-1 will Reenter the Earth’s Atmosphere around April 1

     

    天宮1号の高度が低くなり、まもなく大気圏に再突入する見通しです。ESAなど複数の機関の予測では、日本の時間帯で41日か2日の可能性が非常に高くなっています。

     

    ESAによる330日現在の天宮1号の高度と再突入の予測は下の通りです。

     

    20180331_01.jpg

     

    天宮1号は約90分で地球を1周しています。どの周回で再突入するかまではまだ予測できません。したがって、地球のどこに破片が落下することになるかは分かりません。落下する可能性のある領域やそのリスク等については、ここをご覧ください。

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:45 最後に更新した日:2018/04/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM