サリュート 7:画家としてのウラジーミル・ジャニベコフ宇宙飛行士

0

    Salyut 7Cosmonaut Vladimir Dzhanibekov as an Artist

     

    映画『サリュート 7』の主人公のモデルとなっているソ連時代の宇宙飛行士ウラジーミル・ジャニベコフさんは画家としても知られています。宇宙飛行の際に受けた印象が、彼の作品のモチーフになっています。下の作品の左は発射台に向かう宇宙飛行士を、右はソユーズロケットが発射台を離れて上昇していく際の印象を描いています。

     

    20180204_01.jpg

     

    下の作品は、宇宙空間に到達した宇宙飛行士です。

     

    20180204_02.jpg

     

    彼はどのようなことを考えているのでしょうか。ジャニベコフさん自身は宇宙を飛びながら、宇宙開発の成果がまだ人類共通の財産とならないことが気になっていたと述べています。「たとえば、アフリカの人々はまだその恩恵を受けてはいないのです。アフリカの上を15分も飛べば、サバンナに35から40の焼き畑の煙を見ることができます。その煙はときとして大西洋を越え、アメリカの海岸にさえ達しているのです」。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:58 最後に更新した日:2018/07/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM