ブルームーンとは?

0

    What is a Blue Moon?

     

    131日に見られる皆既月食は「ブルームーン」に起こる月食です。ブルームーンとは、「ひと月に2回満月があるときの、2回目の満月」とされています。

     

    20180128_01.jpg

     

    満月から次の満月までは29.5日かかります。したがって、2月以外の月では、満月が2回ある可能性があります。2018年は、131日と331日がブルームーンとなります。ブルームーンが起こる年は23年ごとにめぐってきます。

     

    ブルームーンといっても、月の色が青く変化することはありません。しかし、一時的に月が青く見えたという記録は残っています。例えば1883年、インドネシアのクラカトア火山が大噴火を起こし、大量の火山灰が大気中に巻き上げられました。火山灰の直径は約1μmで、赤い光を散乱させるため、人々は青色ないし緑色の月を目撃しました。また太陽はラベンダー色に見え、夕焼けは異常に赤かったといわれています。火山灰は成層圏に達し、長いことそこにとどまったため、このような現象は1年以上続きました。

     

    その後、1980年のアメリカのセントへレンズ、1983年のメキシコのエルチチョン、1991年のピナトゥボの火山噴火でも、青い色の月が見えたと報告されています。また、大規模な森林火災で発生した煙によっても、月が青く見えることがあるようです。

     

    もちろん、月が青く見えることなど、まれにしか起こりません。ここから、「滅多に起こらない」という意味の ”Once in the blue moon” という表現が生まれたといわれています。ブルームーンというと、エラ・フィッツジェラルドなどが歌った名曲を思い浮かべる方もいるかもしれません。この曲では、ブルームーンはさびしい孤独な心をあらわす存在となっています。しかし、この曲のブルームーンには、「ブルー=メランコリー」という意味以外に、”Once in the blue moon” という意味もこめられているのです。

     

    ところで、「ひと月に2回満月があるときの、2回目の満月」というブルームーンの定義ですが、これについては興味深いエピソードがあります。1999年のことでした。『スカイ&テレスコープ』誌の3月号と5月号に、「これまでのブルームーンの定義は間違っていた」という記事が掲載されたのです。

     

    これには、とてもびっくりしたものです。誰もが(『スカイ&テレスコープ』誌の編集者も含めて!)、ブルームーンとは「ひと月に2回満月があるときの2回目の満月」と思っていたのですから。しかも、その原因は『スカイ&テレスコープ』誌の昔の記事にあったというのです。

     

    「間違い」は、次のようにして起こりました。『スカイ&テレスコープ』誌の19437月号のコラムで、大学教員のローレンス・ラフラーがブルームーンについて触れました。彼の記事は、当時出版されていた『メイン・ファーマーズ・アルマナック』(現在出版されている『ファーマーズ・アルマナック』とは関係ないようです)という農業暦に書かれていたことをベースにしていました。

     

    『メイン・ファーマーズ・アルマナック』では、冬至をスタートとして3か月ごとを、「冬」「春」「夏」「秋」と決めていました。

     

    20180128_02.jpg

     

    各季節の満月は基本的に3回ですが、1年間に満月が13回ある年には、どこかの季節で満月が4回になります。そして、満月が4回ある季節の3回目の満月をブルームーンと呼んでいたのです。各季節の3回目の満月は、その季節がそろそろ終わることを告げるものですが、満月が4回ある場合の3回目の満月では、季節の移り変わりを告げるには早いため、このようなよび方をしたのです。この決め方では、ブルームーンが起こるのは2月、5月、8月、11月です。

     

    ラフラーは『メイン・ファーマーズ・アルマナック』に書かれているブルームーンという言葉を紹介しましたが、上に書いたような内容は説明しませんでした。その後、『スカイ&テレスコープ』誌の19463月号で、アマチュア天文学者のジェームズ・ヒュー・プルーエットがラフラーの記事について言及しました。

     

    20180128_03.jpg

     

    しかし、彼自身は『メイン・ファーマーズ・アルマナック』を読んでいませんでした。そして、「1年間に満月が13回ある年には、ある月には満月が2回ある。そのときの2回目の満月はブルームーンとよばれる」と書いてしまったのです。その後、『スカイ&テレスコープ』誌の記事やラジオ番組などで、ブルームーンの新しい(間違った)定義は世間に広まっていきました。

     

    ブルームーンとは現代のフォークロア、あるいは都市伝説といえるものです。今では伝統的なブルームーンと新しい定義の現代的なブルームーンが両方存在しています。『スカイ&テレスコープ』誌の1999年の記事が出たとき、天文学者も天文雑誌や科学雑誌の編集者も、新しい定義のブルームーンを間違いとして排除することはしませんでした。ブルームーンという、どこかミステリアスな言葉に誘われて、多くの人が天文現象に興味をもってくれればそれでいいと、皆が考えているからです。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:56 最後に更新した日:2018/06/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM