最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
北朝鮮の核ミサイル開発はどのくらい脅威か(2):ミサイル(後編)
北朝鮮は長年、ICBM の保有を目標にしてきましたが、スカッド、ノドン、ムスダンの技術でそれを実現することは不可能です。しかし、最近、北朝鮮にはICBM を目指す新しい系列のミサイルが登場しています。

20170909_02

その1つが北極星シリーズです。2016年8月24日、北朝鮮は潜水艦発射ミサイル(SLBM)北極星1(KN-11)の水中からの発射に成功しました。北極星1の形状はR-27 に非常に良く似ており、北朝鮮はR-27 を参考にしたと考えられますが、R-27 が液体燃料であるのに対して、北極星1 は固体燃料でした。北朝鮮の新浦級潜水艦は1ないし2個のSLBM発射筒をもつといわれています。2017年2月13日に、北朝鮮は北極星1 の地上発射型である北極星2(KN-15)の発射を行いました。北極星2 も北極星1 と同じようにコールドローンチ方式をとっていました。

北朝鮮の弾道ミサイルはスカッド以来、すべて液体燃料でした。北朝鮮が固体燃料ミサイルの開発に取り組み始めたのは1990年代はじめのことです。北朝鮮が固体燃料ミサイルの技術をどのようにして入手したかは明らかになっていませんが、イランが開発した2段式の準中距離弾道ミサイル、セジルがベースになっているという見方があります。このミサイルは1990年代はじめに中国の技術によって開発されたものであり、その技術が北朝鮮に流れたと考えられているのです。

固体燃料の弾道ミサイルは長期間の保管が可能で移動発射が容易という利点をもっています。北朝鮮は北極星3 の開発も行っているようです。北朝鮮の固体燃料ミサイルは新たな脅威であり、アメリカに対決する弾道ミサイルの切り札になる可能性があります。

北朝鮮のもう1つの新しい系列の弾道ミサイルが、火星12(KN-17)と火星14(KN-20 )です。火星12 は1段式の中距離弾道ミサイルで、2017年に5回の発射が行われました。最初の3回は失敗しましたが、5月14日の実験では、高度2000km以上に達するロフテッド軌道をとり、水平距離787kmを飛行しました。また8月29日の発射では、北海道を超えて水平距離2700kmを飛びました。火星14 は2段式のICBM で、7月4日に発射実験が行われました。高度2800kmに達するロフテッド軌道をとり、水平距離933kmを飛行しました。7月28日には2回目の発射実験が行われ、高度3700kmに達するロフテッド軌道をとり、水平距離約1000kmを飛行しました。

火星12 と火星14 の第1段に用いられているエンジンは2016年9月に燃焼試験が行われ、この時の映像からソ連のR-250 であることが明らかになりました。R-250 はソ連時代のICBM、R-36 の第1段エンジンで、ソ連崩壊後は衛星打ち上げ用のツィクロン・ロケットに用いられていました。R-250 を製造していたのはウクライナの企業ユージュマシュです。R-250 は2基のエンジンがペアになった構造をしていますが、火星12 と火星14 のエンジンは1基です。R-250 を半分にしたバージョンのエンジンがブラックマーケットを通じて北朝鮮に流れたとみられています。燃焼試験の時期からして、北朝鮮がこのエンジンを入手したのは比較的最近、おそらく2014年頃と考えられます。現在用いているエンジンはウクライナで製造されたものかもしれませんが、いずれ北朝鮮は国内でR-250 を生産するようになるでしょう。なお、火星12と火星14のエンジンの周囲には方向制御用の4基のバーニアエンジンが取り付けられています。これは4D10エンジンのバーニアエンジンを流用しているかもしれません。ICBM を完成させるにはまだいくつかの技術が必要ですが、北朝鮮がICBM用のエンジンを手に入れたことは間違いなく、念願のICBM保有にあと1歩のところまできたといえるでしょう。

さらにもう1つ、気になる弾道ミサイルがあります。それが火星13 です。火星13 は2012年の軍事パレードに登場したICBM であるKN-08 と考えられていますが、その正体は不明です。3段式の固体ロケットのICBM かもしれません。

このように、北朝鮮では最近、新しい系列の弾道ミサイルが登場し、その目標は、移動発射可能なICBM および中距離弾道ミサイル、そして潜水艦から発射可能なミサイルに絞られています。北朝鮮内の複数の設計局が、これらのミサイル開発を競っているとみられます。2016年以降の多数のミサイル発射は、こうしたミサイル開発が加速していることを示しており、2018年の建国70周年に向けてラストスパートに入っていると考えられます。

▲PAGE TOP