最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
長征5号復帰には時間が:嫦娥5号打ち上げは2019年に延期
RTF of Long March 5 Takes Time:Chang’e 5 will be Launched in 2019

中国の大型ロケット、長征5号の宇宙への復帰には時間がかかりそうです。最近発表された中国の打ち上げスケジュールによると、7月2日に打ち上げに失敗した長征5号の次の打ち上げ(長征5号3号機)は2018年末までないようです。打ち上げ失敗の原因究明とその対策には時間がかかる見通しです。

長征5号3号機の打ち上げは今年11月に予定され、月物質サンプルリターンを目指す嫦娥5号を打ち上げることになっていました。しかし、嫦娥5号の打ち上げは2019年前半にまでずれこむようです。そのため、2018年末に予定されている長征3号B による嫦娥4号の打ち上げが先になります。嫦娥4号は月の裏側への着陸を目指します。

長征5号4号機の打ち上げは嫦娥6号で、2020年前半の予定。嫦娥6号は2回目のサンプルリターンを目指します。その次は2020年11月〜12月の火星探査機の打ち上げです。

長征5号は2段式で、大型衛星の静止軌道への投入や月惑星探査機の打ち上げに用いられます。一方、低軌道への重量物打ち上げに用いられるのが、1段式の長征5号B です。下の画像の左側が長征5号(CZ-5)、右側が長征5号B(CZ-5B)です。

20170731_01

長征5号B はまだ打ち上げられたことがなく、最初の打ち上げは2018年の予定です。中国が開発中の次世代有人宇宙船の試験船を打ち上げる予定です。

2019年前半には宇宙ステーションのコアモジュール、天和を長征5号B で打ち上げます。さらに2020年前半に問天モジュール、2021年に梦天モジュールを打ち上げ、中国の宇宙ステーションが完成することになります。中国はつい最近まで、宇宙ステーションの建設を2018年に開始するとしてきましたから、今回の長征5号の失敗で、宇宙ステーション計画は約1年、予定よりも遅れる見通しとなりました。

以上のスケジュールは7月2日の失敗の原因究明とその対策が1年から1年半で終わることを前提としています。もしも問題の解決が長引けば、中国の宇宙ステーション計画にはさらに遅れが生じることになります。

▲PAGE TOP