最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
NASA の2017年宇宙飛行士候補者
2017 NASA astronaut candidates

NASA の新しい宇宙飛行士候補者が発表されました。前回の2013年宇宙飛行士クラスは8名でしたが、今回、1万8300名の応募者の中から選抜されたのは12名でした。2000年以降のNASA宇宙飛行士クラスの中で最大の人数です。国際宇宙ステーション(ISS )以遠の宇宙空間への有人探査を推し進めようとするNASA の意気込みが感じられます。

20170608_01

ジョンソン宇宙センターでの発表式にはマイク・ペンス副大統領も参加し、「12名はわれわれの国家を偉大な発見の高みに導くだろう。第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏も私も皆さんを誇りに思う」と語りました。オバマ前大統領は有人宇宙探査に消極的でしたが、トランプ政権は、NASA の有人宇宙探査活動はアメリカが偉大な国家であるために不可欠と考えています。

候補者は今後2年間の訓練に入ります。ISS での活動の訓練、アメリカの商業宇宙船での飛行訓練、さらにオライオン宇宙船とSLSロケットによる深宇宙探査のための訓練が含まれます。NASA長官代行のロバート・ライトフッドは「国際宇宙ステーションでの新たな研究を行うとともに、今よりももっと遠い宇宙へ行くための準備もする。彼らはとても忙しくなるだろう」と語りました。

2017年選抜の宇宙飛行士候補者は以下の通りです。

20170608_02

前列左から
ジーナ・カードマン(29歳)。ノース・カロライナ出身の生物学者。土壌や深海底中の微生物が専門。
ジャスミン・モベリ(33歳)。海兵隊少佐。アリゾナ州にある海兵隊ユマ海兵航空基地の試験評価飛行隊に所属している。
ジョニー・キム(33歳)。海軍中佐。マサチューセッツ総合病院に緊急医療部の医師として勤務。SEAL での経験あり。
ラジ・チャリ(39歳)。空軍中佐。エドワード空軍基地では第461航空試験飛行隊のコマンダーとしてF-35 の飛行試験を行った。
ロラール・オハラ(34歳)。ウッズホール海洋研究所の研究者。ゴダード宇宙飛行センターやジェット推進研究所で学んだ経験もある。
後列左から
フランク・ルビオ(41歳)。陸軍少佐。医務官として勤務。作戦時の600時間を含む1100時間以上のヘリコプター搭乗経験がある。
マシュー・ドミニク(35歳)。海軍中佐。選抜結果が発表された時、ドミニクは第115戦闘攻撃飛行隊の指揮官として空母ロナルド・レーガンに乗艦していた。
ワレン・ホバーグ(31歳)。MIT航空宇宙部門のアシスタント・プロフェッサー。
ロブ・クリン(33歳)。スペースX社で打ち上げ技術部門のリーダーとして勤務していた。南極氷河の掘削経験をもつ。
カイラ・バロン(29歳)。海軍士官学校に勤務。原子力潜水艦作戦チームに女性士官として初めて参加した1人。
ボブ・ハインズ(42歳)。空軍出身。ジョンソン宇宙センターでリサーチ・パイロットとして勤務していた。
ジェシカ・ワトキンズ(29歳)。専門は地質学。エイムズ研究センター、ジェット推進研究所で研究後、現在はカリフォルニア工科大学で火星ローバー、キュリオシティの探査プログラムに参加している。

▲PAGE TOP