最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
ソ連邦の歴史:共産党と宗教
History of the Soviet Union:Communist party and religion

下斗米伸夫氏の『ソビエト連邦史』(講談社学術文庫)を読み終えたところです。

20170430_01

本書は書名の通り、ロシア革命からソ連崩壊にいたるまでの歴史過程をまとめたもので、ビャチェスラフ・モロトフという革命家の軌跡をたどりながら、ソ連とは何であったかを検討していきます。モロトフは火炎瓶を示す「モロトフ・カクテル」でしか一般には知られていない(今ではそれさえも忘れられている)人物ですが、1890年に生まれ、1906年にボリシェビキに入党、1917年にロシア革命に参加し、以後ソ連共産党中枢にとどまり、スターリンに粛清されることなく生き延びました。1961年に共産党から除名されましたが、1984年に復党し、ゴルバチョフの登場を見守り、ソ連崩壊5年前の1986年に没しています。まさにソ連の歴史とともに歩いた人生といえるでしょう。

本書はこのモロトフを縦軸に、レーニンやスターリン、フルシチョフなどをめぐる人間関係が説明され、私がこれまで知らなかった事実がたくさん書かれていました。特に、ロシア正教の非主流派である「古儀式派」とロシア革命やソ連共産党との関係は興味深いものです。

この古儀式派については、下斗米氏は昨年出版された『宗教・地政学から読むロシア』(日本経済新聞社)において、そのはじまりから現在にいたる歴史やロシア革命との関係などを詳細に説明しています。「ロシアとは何か」を宗教と地政学から読み解くこの本は、現在のウクライナ問題を理解する上でも非常に重要です。2013年にロシアに併合されたクリミアは1954年に、ウクライナ出身のフルシチョフによる1片の文書でロシア領からウクライナ領となり、ソ連崩壊の際からその帰属が問題になっていた経緯がありますが、さらにこれにさきだつ10世紀末からの複雑な歴史的経緯が説明されています。この本はプーチン大統領の「東方シフト」を理解する上でも、非常に重要です。

現在のプーチンの戦略を理解する上では、小泉悠氏の『プーチンの国家戦略』(東京堂出版)も参考になります。

▲PAGE TOP