最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
天舟1号、打ち上げ
Tianzhou 1 cargo ship launched

中国の無人補給船「天舟1号」が4月20日午後7時41分(北京時間)に、海南島の文昌衛星発射センターから打ち上げられました。

20170421_01

天舟1号は全長9m、直径3.35mで、補給物資を搭載する貨物部と、エンジンや機器類を収めた機器推進部から構成されます。軌道実験モジュール「天宮1号」をベースに製造されています。物資輸送能力は6.5トンで、日本の「こうのとり」、アメリカのドラゴンおよびシグナスと同規模です。また、燃料補給能力ももっています。

20170421_03

20170421_02

天舟1号は2日後に軌道実験モジュール「天宮2号」との自動ドッキングを行う予定です。今回の飛行は軌道上でのランデブー、ドッキング技術の実証が大きな目的であり、2か月の間にさらに2回のドッキングを試験することになっています。天宮2号に前方からアプローチしてドッキングする方法と、後方からドッキングする方法の両方が試されるようです。また、天宮2号への燃料補給も行います。天宮2号や国際宇宙ステーションが周回している高度には、わずかに空気が存在しています。宇宙ステーションの高度は少しずつ低くなっていくため、ときどきエンジンを噴射して高度を保つ必要があります。そのための燃料の補給も天舟1号の重要な役割になります。

天舟1号は2か月間の試験を終えた後、さらに3か月軌道上にとどまり、その後、大気圏に再突入する予定です。

今回のミッションは、中国の有人飛行計画において3つの非常に重要な意味をもっています。

第1は、天舟1号ミッションの成功によって、中国の有人宇宙計画の「第2段階」が終わるということです。中国は1992年に独自の有人宇宙計画「921計画」をスタートさせました。このとき、計画は3段階で行うことが決定されました。第1段階は、有人宇宙飛行を実現させること、第2段階は有人宇宙船と軌道上の実験モジュールとのドッキング、そして宇宙飛行士が宇宙に滞在するための技術を実現すること、そして第3段階は宇宙ステーションの実現です。昨年、神舟11号のクルーが天宮2号で1か月の宇宙滞在を行っており、第2段階の残された課題が、無人補給船による物資補給技術の実証でした。したがって、今回の天舟1号のミッションが成功すれば、第2段階は終了し、いよいよ独自の宇宙ステーション建設をめざす第3段階に入ることができるわけです。

第2は、天舟1号に打ち上げに使われた長征7号ロケットです。現在、中国では長年使用してきた長征2号、3号、4号シリーズのロケットを長征5号、6号、7号にリプレースすることが行われています。長征5号は重量級のロケットで2016年に初打ち上げが行われました。中国の宇宙ステーション建設にはこのロケットが使われます。6号は軽量のペイロードを打ち上げるためのロケットで、2015年に初打ち上げが行われています。長征7号は今後、長征ロケット・ファミリーの主力となるロケットで、これまで長征2号Fロケットで行っていた神舟宇宙船の打ち上げにも使われることになります。長征7号は2016年に最初の打ち上げを行っており、今回が2回目の打ち上げになります。

第3は、打ち上げが行われた文昌衛星発射センターです。中国にはこれまで3つ(酒泉、太原、西昌)の衛星発射センターがありました。文昌は2016年から使用が開始された中国の新しい衛星発射センターで、長征5号と長征7号の発射台はここにあります。これまで酒泉から打ち上げられてきた神舟宇宙船も、ここから打ち上げられるようになります。文昌は他の衛星発射センターに比べて緯度が低いため、静止衛星の打ち上げに適しており、今度、中国を代表する宇宙センターになっていきます。

このように、中国の宇宙開発は今、軌道上での強固なプレゼンスを確保するための新たな段階に入りつつあります。

▲PAGE TOP