最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
NASAの2018会計年度の予算案
The President’s 2018 Budget requests for NASA

トランプ政権による2018会計年度の予算教書が発表になりました。

20170320_01

NASA の予算案は約191億ドルで、前年度比0.8%の減でした。トランプ大統領の宇宙政策はまだ明確になってはいないものの、前に予想した政策が予算に反映されていると思われます。

小惑星リダイレクト・ミッションは予想通り中止されました。今後、有人宇宙探査の目標は月にシフトしていくとみられます。地球科学ミッションは約1億ドル削減の18億ドルでした。それほどドラスティックな削減ではありませんでしたが、気候変動を観測するPACE、大気中の二酸化酸素濃度を観測するOCO3、太陽の輻射量を正確に測るCLARREOパスファインダーなどは中止されました。また、オバマ政権が力を入れていたNASA の教育プログラムも大幅に予算が削減されました。

一方、宇宙探査関連の予算は確保されています。木星の衛星エウロパを観測するエウロパ・クリッパー、火星探査のマーズ2020 は継続。SLS とオライオンも37億ドルの予算がついて開発続行になりました。

また、今後NASA は民間とのパートナーシップを強化していくことになります。

▲PAGE TOP