最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
中国が「宇宙白書」2016年版を発表
China’s Space Activities in 2016

中国が5年ごとに発表している「宇宙白書」の2016年版(『2016中国的航天』)が発表されました。

20161229_01

これまでの成果と主に今後5か年の計画が述べられています。全文に目を通しましたが、内容に特別目新しいところはなく、中国がこれまで表明してきた野心的な宇宙開発計画が今後も継続して進められていくことが述べられています。

2016年は中国の宇宙開発にとって大きな躍進の年となりました。「白書」が発表される絶妙なタイミングだったといえます。

20161229_02

2016年には合計22回の衛星打ち上げが行われました。中国の年間打ち上げ回数は2010年以降増えており、2011年、2012年、2015年には19回の打ち上げが行われました。しかし20回を超えたのは2016年が最初です。特に11月は4回、12月は3回という過密スケジュールでした。9月1日に行われた長征4号C による高分10号の打ち上げは失敗したものの、それ以外の21回は成功。その中には、天宮2号および神舟11号の打ち上げが含まれます。

年間の打ち上げ回数は、その国の宇宙活動の規模や活発さの度合いを示す1つの指標にはなるでしょう。その点でみると、中国の宇宙開発はアメリカやロシアに負けないくらい元気だといえます。

また、ロケットについても、長征5号と長征7号の初打ち上げが行われました。前年には長征6号の初打ち上げにも成功しており、新世代の輸送システムが顔をそろえました。

「白書」は国際関係について、まず国連活動の枠内で宇宙を平和的に利用するとした上で、「一帯一路」の国々との協力関係の強化、APSCO(アジア太平洋宇宙協力機構、中国が主導している)の活動の支援、上海協力機構における宇宙分野での協力強化などをあげています。また、二国間協力についてロシア、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)、ブラジル、フランス、イタリア、イギリス、ドイツ、オランダ、そしてアメリカとの関係について述べています。また、アルジェリア、アルゼンチン、ベルギー、インド、インドネシア、カザフスタンとも協力関係を結んだとも述べています。ちなみに、日本とはこのような形で書かれる関係はありません。

「白書」の冒頭には、平和目的や人類への貢献がうたわれていますが、中国の宇宙開発が軍事と一体化しているのは事実であり、宇宙の軍事利用に関して重大な懸念がもたれています。

▲PAGE TOP