最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
『シン・ゴジラ』:エヴァのいない東京
Shin Godzilla:Hideaki Anno’s new movie

『シン・ゴジラ』を観てきました。ゴジラ・シリーズの第一作『ゴジラ』(1954年)以降、最も見ごたえのあるゴジラ映画といえるでしょう。TV版『新世紀エヴァンゲリオン』第25話と最終話の、あの痛々しい最終2話から劇場版『Air/まごころを、君に』にたどりつき、さらに21世紀になって新劇場版もようやく『Q』までを完成させた庵野秀明監督がどんなゴジラ映画をつくってくれるのか、楽しみにしていましたが、期待は裏切られませんでした。ネタバレになるので、あまり書きませんが、「ヤシマ作戦」の311バージョンでゴジラの活動を停止させるところも納得です。

今回の作品はゴジラ第一作に原点回帰し、ゴジラがはじめて襲来する東京を描いています。同時にそれは、セカンドインパクトがなかった、使徒もエヴァもいない東京でもあります。過去を引きずらないこのスタンスが、『シン・ゴジラ』の魅力であり、1954年の『ゴジラ』をほうふつとさせる場面がでてきても、素直に楽しむことができました。私は『ゴジラ』が公開された時、親に連れられて劇場で観ましたが、火の海を背景にゴジラの姿がシルエットで浮かびあがるシーンが忘れられませんでした。うれしいことに『シン・ゴジラ』でも同じシーンが登場します。

ただし、今回のゴジラのデザインにはあまり納得できていません。CG で制作するにもかかわらず着ぐるみに似せたデザインにしたのは賛成ですが、尻尾の、特に付け根のサイズは異常です。これではゴジラの重心の位置は脚の真上ではなく、尻尾にきてしまいます。つまり、ゴジラは全体重を両脚で支えることはできず、二足歩行も、尻尾を自由に動かすこともできないのではないかと思われます。

『シン・ゴジラ』には、2011年3月11日の東日本大震災と福島原子力発電所事故が色濃く影を落としています。ある人はこの作品のゴジラを、原発事故のメタファーとしてとらえるかもしれません。しかし、ゴジラが破壊した街のシーンには、911同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービルの瓦礫をモチーフにしたシーンが挿入されていました。現代の社会を破壊するのが地震や原発事故だけでないことがさりげなく示されています。

ゴジラ映画にとって、社会背景は味付けでしかありません。ゴジラは人知を超えた荒ぶる神であり、ゴジラに何らかのメッセージを求めるのは間違っています。難しいことは考えず、スクリーンで暴れまわるゴジラを楽しむのが、ゴジラ映画の正しい鑑賞法だと私は思っています。

とはいえ、この『シン・ゴジラ』で、官邸や各省庁から集められたゴジラ対策チームが未曾有の危機に立ち向かう姿を観ていると、「東日本大震災が起こった時に民主党が政権を取っておらず、その代わりに彼らがいてくれたら…」と考えてしまうのは、私だけではないでしょう。

▲PAGE TOP