最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
NASA の月資源調査ミッション:着陸機を台湾が担当
Taiwan to make lunar lander for NASA’s Resource Prospector

NASA は2020年代初めに、月の資源調査のための探査機「リソース・プロスペクター」を打ち上げる予定です。この探査機は、着陸機とローバーからなります。月の極地域に着陸後、ローバーに搭載した掘削機で表面を掘り、酸素、水素、水などの存在を調べます。

20160727_01

NASA はこのミッションを国際協力で行うこととしており、JAXA は着陸機を日本が担当する可能性についてNASA と協議を続けてきました。しかし、7月19日、NASA は日本ではなく、台湾と組むと発表しました。とても残念なニュースです。

最近、月の資源利用が注目されるようになってきました。特に水に関しては、月面に人間が長期滞在するようになると、生活のための水や宇宙船の燃料などを月面で調達する必要がでてくると考えられています。LCROSS やLRO などのアメリカの探査機によって、月の表面、特に極地域には水が存在する可能性が高まっています。リソース・プロスペクターは、こうした月の資源利用に向けた探査計画の第1弾といえるミッションです。

20160727_02

着陸機を担当するのは台湾の中山科学研究院です。2018年末までにNASA に納入する必要があるとされています。同研究院にとって大きなチャレンジですが、今回のニュースは、日本や中国、インドだけでなく、アジアの他の国々や地域も月探査の技術をもちはじめていることを示しています。また、月の資源利用が現実の課題となっています。世界の宇宙開発は、めまぐるしく動いているといえるでしょう。

▲PAGE TOP