最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
ニュー・ホライズンズ:冥王星に接近中
New Horizons:Getting closer to Pluto

ニュー・ホライズンズは7月14日に冥王星に最接近します。探査機に搭載したカメラからの画像も、だんだんとその表面の様子をとらえるようになってきました。

下は5月29日から6月3日にかけて撮影された冥王星(中央)とその衛星カロン(左上)の初のカラー画像の中の1枚です。冥王星とカロンの表面の色調が明らかになりました。ピンク色が入っているのがわかります。

20150621_01

ハッブル宇宙望遠鏡は2000年に冥王星を観測しました。その時の画像が下で、表面の模様が見えています。この時、冥王星の表面がそれまで考えられていたよりも赤いことが明らかになりました。

20150621_02

ニュー・ホライズンの今回のカラー画像は、ハッブルの観測結果を裏付けるものです。

下の画像は、冥王星の自転とともに、表面の模様が変化している様子をとらえたものです。表面の模様のコントラストはかなりはっきりしているようです。

20150621_03

20150621_04

冥王星の自転周期は6.4日で、地球とは反対方向(東から西方向)に回転しています。自転軸は公転面に対して約120度傾いており、ほぼ横倒しになっています。そのため、ニュー・ホライズンズからの画像も横倒しになった姿を北半球側から見ることになりますが、これらの画像では自転軸を上下方向にする処理が行われています。

▲PAGE TOP