サリュート 7:危険に満ちたレスキュー・ミッション(3)

0

    Salyut 7Risky Rescue Mission (3)

     

    ソユーズT-13号のクルーは、サリュート7号との危険なドッキングに挑戦しなければなりませんでした。

     

    20180122_01.jpg

     

    通常の飛行では、ソユーズ宇宙船はまず地上から送られてくる追跡データをもとにサリュートに接近していきます。ソユーズとサリュートの距離が2025kmになると、自動ドッキング装置イグラが作動し、サリュートとソユーズは位置情報を交換しながら最終接近し、自動でドッキングします。しかし、今回はソユーズが単独で最終接近とドッキングを行わなくてはなりません。ジャニベコフはサリュートから距離3kmまで来たところで、操縦をマニュアルに切りかえました。ソユーズの姿勢をサリュートに対して横向きにし、窓からサリュートを目視しながら、少しずつ接近していきます。サビヌイフは刻々と変化するレーザー測距計の計測値をコンピューターに入力し、軌道計算をし続けました。

     

    ジャニベコフは距離200mまで接近したところでソユーズT-13号を停止させ、TsUPからの指示を待ちました。許可がでると、ジャニベコフは再び接近を開始し、サリュートの前部ドッキングポートの真正面にソユーズを移動させました。サリュートの姿はビデオカメラの画面と、コマンダー席にあるペリスコープでとらえることができます。その後、ジャニベコフはソユーズに回転を与えてサリュートの回転に合わせると、ゆっくりとソユーズを前進させました。

     

    この時の交信記録が残っています。「距離200m。エンジン作動。秒速1.5mでステーションに接近中。ステーションの回転はノミナル、安定している。捕捉した。われわれの回転を始める。太陽の位置が悪くなってきた・・・少し良くなった。ドッキング・ターゲットの軸が一直線になった・・・減速・・・コンタクト待ち」。ジャニベコフの言葉に続き、サビヌイフがTsUPに連絡してきました。「コンタクト。ドッキングした」。サリュートとソユーズは夜の領域に入っていましたが、ドッキングは最初の試みで見事に成功しました。

     

    2人はソユーズのハッチを空けました。まずサリュートのエアロックのハッチにあるピットホールを空けて、ソユーズとエアロックの気圧を等しくします。次にエアロックのハッチを開いて内部に入り、サリュート側のハッチのピットホールを空けて、内部の空気をサンプリングしました。有毒なガスが含まれていないかを調べるためです。有害ガスは認められませんでしたが、TsUPは念のため、2人がサリュート内に入る際にはガスマスクを着用するよう指示しました。防寒具を着用しガスマスクを着用した2人は、安全を確かめながらサリュート側のハッチを空けると、内部に入りました。

     

    サリュートの電源は切れ、内部は真っ暗でした。ひどく寒く、−10Cほどだったといわれています。水は凍っており、生命維持装置は動きませんでした。テーブルにはソユーズT-10 号のクルーが残していったクラッカーと塩のタブレットが置かれていました。新しく来たクルーを歓迎するためのロシアのしきたりです。

     

    ジャニベコフとサビヌイフは、わずかな小休止と体を暖めるためにソユーズに戻る以外は、ほぼ24時間働き続けました。「無重量状態では、生命維持装置のファンが動かないと、自分の吐いた炭酸ガスが大きなボールのようになって自分を包んでしまう。すると頭が痛くなり、手足が重くなり、眠くなる」と、ジャニベコフは語っています。そのため、作業は1人がサリュート内で行い、もう1人はソユーズで待機するという方法で行われました。サリュート内の作業で二酸化炭素中毒の症状が現れた場合、もう1人がすぐに救出できるようにするためです。下の画像は、サリュート7号にドッキングしたソユーズT-13号内のジャニベコフです。

     

    20180122_02.jpg

     

    下の画像は、サリュート内で作業するサビヌイフです。

     

    20180122_03.jpg

     

    サリュートには8個のバッテリーが積み込まれていました。そのうち6個は再充電が可能な状態でした。2人は太陽電池パネルからのケーブルをバッテリーに直接接続しました。こうした細かい作業は手袋をしていては能率が良くないため、2人は寒いにもかかわらず素手で作業をしたといいます。2人には急ぐ必要がありました。彼らが持ってきた水の量に限りがあり、それが尽きない間にサリュートを復旧させなければ、彼らは作業を中止して帰還しなければならなかったのです。

     

    太陽電池パネルとバッテリーの接続が終わると、ジャニベコフはソユーズを操縦し、太陽電池パネルが太陽の方向を向くようにサリュートの姿勢を変えました。1日後に5個のバッテリーの充電が終わり、2人はそれらをサリュートの電源系統に接続しました。スイッチを入れると、サリュート内の照明がつきました。サリュートのシステムは1つずつ復旧していき、613日、TsUPはサリュートとのコンタクトを回復しました。

     

    20180122_04.jpg

     

    ジャニベコフとサビヌイフは船外活動を行って、追加の太陽電池パネルを2枚、設置しました。また、交換が必要な部品や生活物資がプログレス補給船で運ばれてきました。

     

    こうして、サリュートは機能を回復しました。後の調査で、サリュートが電源を喪失した原因は、バッテリーがフル充電状態になると、太陽電池パネルとの接続をシャットダウンするセンサーの1個の不具合にはじまり、いくつかの事象が連鎖的に起こったためであることがわかっています。

     

    1985918日、ソユーズT-14 号がサリュートにやってきました。ジャニベコフは110日を宇宙で過ごし、ソユーズT-14 号でやってきたゲオルギー・グレチコとともに、926日にソユーズT-13号で地球に帰還しました。一方、サビヌイフは宇宙滞在を続けました。

     

    危険でこみいった任務を終えて、ジャニベコフは星の町に戻ってきました。下の画像は、星の町で行われた歓迎の様子です。当時はクルーが宇宙から帰還すると、こうしたセレモニーが行われていました。一番右がジャニベコフ、その隣は2人の娘インナとアリョーナ、そして妻のリリヤ、その左はグレチコとその家族です。きびしい訓練の合間に、ジャニベコフはよく妻や娘たちと近くの森に散歩に出かけたものでした。

     

    20180122_05.jpg

     

    過去5回の飛行でとれが最も困難であったかと聞かれて、ジャニベコフは次のように答えています。「たやすい宇宙飛行というものを期待してはいけません。現在も、近い将来も。宇宙飛行はきわめてコストがかかるので、限られた数の人間が非常に多くの役割をこなさなければならないのです」。

     

    その困難な宇宙飛行の意義を、彼は次のように語っています。「ガガーリンは初めて宇宙を飛んだ。チトフは初めて24時間も宇宙にいた。レオノフは初めて宇宙遊泳をした。彼ら以前には不可能だったものが、彼ら以後には可能になったのです。不可能から可能へのこの飛躍こそが進歩を実現し、未知の壁を打ち破るのです」。

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:27 最後に更新した日:2018/02/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM