最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
火星探査機キュリオシティー:マーズダイアル(2)
Mars Dial (2):We wish a safe journey and the joy of discovery

キュリオシティーのマーズダイアルには、いくつかのメッセージが描かれています。下は、マーズダイアルを上からみた図です。

120824_06

円盤の一番外側には「MARS 2012」「TO MARS」「TO EXPLORE」と書かれています。同心円は、完全な円ではなく、中心の位置が少しずれているのがわかります。これは、一番外側の円が火星の軌道をあらわしているからです。その内側の円が地球の軌道をあらわしています。火星が赤の点で、地球が青の点で示されています。この円盤に丸い影を落とす真ん中の球が、太陽です。円盤の周囲には、16の言語で火星を意味する言葉が書かれています。もちろん漢字の「火星」もあります。

マーズダイアルの四角い基盤の各側面には、下のような絵が描かれています。火星探査の歴史を示したものです。

120824_05

大昔から、火星は人間の想像力をかきたて、赤い不思議な星、ときには戦争をもたらす星と考えられていました。天体望遠鏡の時代になると、火星には四季が存在するのではないかと考えられるようになりました。探査機が火星に到達すると、火星にはかつて水が存在したことが明らかになりました。最後の絵では、火星探査は新しい段階に入り、キュリオシティーが火星に生命の痕跡を探しに来たことが示され、安全な旅と発見を願っています。

▲PAGE TOP