最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
火星探査機キュリオシティー:着陸に成功
Curiosity has landed!

NASA のマーズ・サイエンス・ラボラトリー「キュリオシティー」が、火星着陸に成功しました。日本時間の午後2時32分に着陸が確認されました。NASA の惑星探査技術のレベルの高さを見せつけられた、見事な着陸でした。

前にも書いたように、火星からの信号が地球に届くには約14分かかります。火星大気への突入から着陸までを、NASA の関係者は「恐怖の7分間」とよびます。キュリオシティーが火星大気に突入した信号を地球が受信したときには、キュリオシティーがこのクリティカルな7分間をうまく切り抜けて着陸に成功したか否かの結果は出ているという中で、JPLの管制室で多くの関係者が手に汗をにぎって信号を見守ったわけです。

120806_01

下はキュリオシティーが着陸直後に送ってきた最初の画像です。左は、キュリオシティーの後部左側の障害物回避カメラが撮影したものです。魚眼レンズのため、火星の地平線が丸く写っています。また、右にキュリオシティーの車輪が見えています。右は前部左側の障害物回避カメラが撮影したものです。火星表面にキュリオシティーの影が落ちているのがわかります。両者の画像とも、火星のダストからレンズを保護するカバーがまだ外されていないため、ダストも一緒に写っています。

120806_02

火星着陸の様子は、NASA からライブ配信され、キュリオシティーの様子が刻々と画面に表示されました。下は、キュリオシティーが火星大気に突入したエントリー・インターフェイス直後(14.6秒後)の画面です。CG 画像にキュリオシティーのデータが表示されています。着陸予定地点までの距離は367.93マイル(約590km)、高度は70.38マイル(約110km)、速度は時速1万3099マイル(秒速5800m)、タッチダウンまでの時間は6分56秒と表示されています。

120806_03

下は、カプセルが誘導降下を行っているところです。秒速900m、10G をこえる加速度がかかっています。

120806_04

下は、パラシュートを展開して降下をはじめたところです。秒速194m まで速度は落ちており、高度は約11km となりました。

120806_05

下は、スカイクレーンによる降下段階です。降下速度は秒速0.82m と、計画とほぼ同じ速度になっています。高度は17m です。

120806_06

キュリオシティーが着陸した場所に関する情報が確認されるには、もう少し時間がかかるようです。

▲PAGE TOP