地球温暖化:南極半島で記録的高温

0

    Climate ChangeAntarctica Record High Temperature

     

    南半球は今が真夏です。南極では異常な高温が観測されています。こうした高温は自然の変動の中で起こることもありますが、今回の高温は地球全体で進んでいる温暖化のあらわれと考えるべきでしょう。

     

    20200215_01.jpg

     

    南極半島(上の画像の左の半島)の先端にあるアルゼンチンのエスペランサ基地では2月6日に最高気温18.3℃が観測されました。これは2015324日の17.5℃を上回る記録となりました。また、南極半島先端近くのシーモア島にあるアルゼンチンの観測基地で29日に20.75℃が記録されたとする報道もあります。これが本当だとすると、南極ではじめて20℃以上が観測されたことになります。WMO(世界気象機関)は南極半島の平均気温は過去50年間で3℃上昇しており、地球上でもっとも温暖化が進んでいる場所としています。

     

    NASANOAA115日に、2019年は観測史上2番目に世界平均気温が高い年であったことを明らかにしています。下の画像は19511980年の平均気温と比べた20152019年の平均気温の変化です。南極では平均気温が低くなっている場所もありますが、南極半島付近は気温上昇が顕著です。

     

    20200215_02.jpg

     

    平均気温が上昇すると、なぜこのような高温日が出現するかは、以下の図で考えるとよくわかります。

     

    20200215_03.jpg 

    IPCC AR5

     

    横軸はその日の最高気温、縦軸はその気温が出現する日数で、中央が平均値となります。当然のことながら、非常に寒い日もあれば、非常に暑い日もあります。地球温暖化が進むということは、この分布が全体的に右側(高温側)にずれることを意味します。すると非常に寒い日が出現する頻度は低くなり、非常に暑い日が出現する頻度は高くなります。つまり、非常な高温を記録する日が出現しやすくなるわけです。

     

    NOAA2020年の1月は、観測史上最も暖かかった1月であったと発表しました。南極半島では記録的な高温の日が出現しやすくなっているのだと考えられます。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

     

    01.jpgスペース・ツアー2020
    寺門和夫と行くNASAケネディ宇宙センターとスミソニアン博物館めぐり7日間 2020年6月10日(水)〜6月16日(火) 詳細はこちら

    20200118_01.jpg
    『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:142 最後に更新した日:2020/03/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM