最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
フレンドシップ7:「大統領、急に忙しくなりました」
フレンドシップ7 によるアメリカ初の有人地球周回飛行について書きました((1)(2))が、このときのエピソードをもう1つ、紹介しましょう。

フレンドシップ7 が地球を1周してケープ・カナヴェラル上空に戻ってくるとき、ケネディ大統領との電話交信イベントが計画されました。ジョン・グレンの飛行は、それまでソ連に先を越されていた有人宇宙飛行の分野で、アメリカがようやく一矢をむくい、以後の反撃を準備するための、きわめて重要なミッションでした。ジョン・グレンはいわば共産主義帝国に敢然と立ち向かう戦士であり、ホワイトハウスにとって、グレンとの電話交信は政治的に大きな意味があったのです。

「セグメント51」の警告ライトが点灯したのは、ケープ・カナヴェラルのMCC(マーキリー・コントロール・センター)とホワイトハウスの回線がつながる、まさにそのときでした。ランディング・バッグが展開したかもしれないという深刻な事態を示す信号です。フライト・ディレクターのジーン・クランツはすぐに部下に指示します。「(大統領の)電話のことは忘れろ。すぐにセグメント51 をチェックしてほしい」。

MCC は緊急対応に乗り出しました。一方、電話には大統領が出ていました。電話口の担当者はこう伝えるしかありませんでした。「大統領、急に忙しくなりました。電話で話す時間はないと思います」。どこかの国であれば、「状況を確認している間に、30秒でいいから話をさせろ」というようなことになりそうですが、ケネディは「機会ができたら電話してくれ」といって電話を切りました。

フレンドシップ7 はこの時点では最低7周することになっていました。まだ機会はあるという判断もあったのでしょうが、問題が発生した場合、その状況に責任をもつ部署や組織にすべてをまかせられるかどうかは、指導者の資質にかかわることです。ケネディは少しも迷うことなく、現場にまかせる決断を下したのでした。

▲PAGE TOP