新型コロナウイルスはどこから来たか?

0

    From Where New Coronaviruses Came?

     

    新型コロナウイルスの感染者が急増しています。いったい、ウイルスはどこからきたのでしょうか?

     

    20200128_01.jpg

     

    コロナウイルスは遺伝子をRNAでもつウイルスで、電子顕微鏡で撮影すると、表面にある突起が王冠のように見えることから、コロナウイルスという名がつきました。コロナウイルスはヒトに風邪をおこすウイルスとして4種類が知られていました。感染しても多くの場合、症状は軽く、ほとんどの人は子供のころにかかって免疫をもっています。したがって、コロナウイルスは人類にとってそれほど危険なウイルスではなかったのです。

     

    しかしながら、21世紀になってから、ヒトにはげしい症状をもたらすコロナウイルスが出現しています。

     

    最初の出現は2002年のSARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスでした。中国の広東省で発生。このときの感染者の合計はWHOによると20312月で8069人、死亡者はこのうち775人でした。次の出現はMARS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスで、2012年にサウジアラビアで発生。感染者は27か国におよび、2494人が感染、うち858人が死亡しました。上の画像はMARSウイルスの電顕写真です。

     

    そして3回目の出現が、今回の新型コロナウイルスということになります。すなわち、これまではそれほど深刻な症状を引き起こさなかったウイルスが変異し、波状的に人間の世界に侵入しつつあるということになります。

     

    SARS発生当初はハクビシンが感染減と考えられていました。しかし、その後の中国研究者による調査によって、2017年にキクガシラコウモリが自然宿主であることが明らかにされました。キクガシラコウモリの世界でやりとりされていたウイルスが人に感染するウイルスに変異し、ハクビシンを媒介にして人間の世界にもたらされたと考えられます。

     

    20200128_02.jpg

     

    MARSは、ヒトコブラクダからヒトに感染しましたが、この場合も、ラクダは媒介者で、自然宿主はエジプシャントゥームバットというコウモリであることがわかっています。

     

    コウモリは、人間の世界に突然現れるエマージング・ウイルスの自然宿主となっていることが多いようです。エボラウイルスやマールブルグウイルスなど激烈な症状と高い致死率をもつフィロウイルスの宿主は、アフリカに生息するオオコウモリと考えられいます。

     

    今回出現した新型コロナウイルスは遺伝子がSARSウイルスと80%以上一致しているという報告もあるようで、おそらくキクガシラコウモリを自然宿主とするウイルスでしょう。そのウイルスに感染した家畜もしくは野生動物が市場にもちこまれ、人に接触したことから感染が始まったと考えられます。

     

    感染者が報告された当初は、ヒト・ヒト間の感染は確認されていないという報道がありました。しかし、2週間近いとされるウイルス感染後の潜伏期間を考えると、この考えは甘かったかもしれません。感染者の増加状況を見ていると、おそらく、新型コロナウイルスはヒトに感染してから変異してヒト・ヒト間の感染能力を獲得したのではなく、最初からヒト・ヒト間での感染能力をもっていた可能性があります。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>



     

    01.jpgスペース・ツアー2020
    寺門和夫と行くNASAケネディ宇宙センターとスミソニアン博物館めぐり7日間 2020年6月10日(水)〜6月16日(火) 詳細はこちら

    20200118_01.jpg
    『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:141 最後に更新した日:2020/02/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM