宇宙開発の未来年表

0

    世界の宇宙開発の近未来予測をまとめた『宇宙開発の未来予想』(イースト新書Q)が発売になりました。驚くべき勢いで進んでいる世界の宇宙開発動向が2時間でわかります。

     

    20200118_01.jpg

     

    2020年は世界の宇宙開発にとって、大躍進の年になるでしょう。商業宇宙船スターライナーとクルードラゴンの就航で、アメリカは再び、アメリカの領土からアメリカの宇宙船でアメリカの宇宙飛行士を打ち上げることができるようになります。アルテミス計画では、いよいよアルテミス1(無人月周回ミッション)が行われます。宇宙観光旅行もはじまります。

     

    日本も「はやぶさ2」の地球帰還と、新型基幹ロケットH3の試験機1号機の打ち上げをひかえています。

     

    一方、中国は年末に長征5号がリターン・トゥー・フライトに成功し、今年は独自の宇宙ステーション「天宮」の建設が開始され、月面物質のサンプルリターンをめざす嫦娥5号の打ち上げも行われます。

     

    民間の宇宙活動もますます活発になります。今年は世界の宇宙開発から眼が離せません。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

     

    01.jpgスペース・ツアー2020
    寺門和夫と行くNASAケネディ宇宙センターとスミソニアン博物館めぐり7日間 2020年6月10日(水)〜6月16日(火) 詳細はこちら

    20200118_01.jpg
    『宇宙開発の未来年表』(イースト新書Q) amazonで購入

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:142 最後に更新した日:2020/03/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM