長征5号:打ち上げ再開に成功

0

    Long March 5 LaunchedSuccessful Return-to-Flight

     

    12272045分(北京時間、日本時間2145分)、中国の重量級ロケット「長征5号」が海南島の文昌衛星発射センターから打ち上げられ、技術試験衛星「実践20号」の静止軌道投入に成功しました。

     

    20191227_01.jpg

     

    実践20号はDFH-5衛星バスを使用した重量約8トンの大型通信衛星で、Q/Vバンドでの通信やレーザー通信の試験を行うとのことです。

     

    長征5号は201611月に初打ち上げに成功しましたが、20177月の2回目の打ち上げで、第1段エンジンに不具合が起こり、「実践18号」の打ち上げに失敗しました。今回の打ち上げ成功でリターン・トゥ・フライトを果たしたことになります。

     

    今回の打ち上げ成功により、2020年には長征5号による火星探査機「真容」や、月物質のサンプル・リターンを目指す「嫦娥5号」の打ち上げが行われることになります。また、長征5Bによる中国の宇宙ステーションのコア・モジュール「天和」の打ち上げも行われる可能性があり、中国の宇宙活動に拍車がかかるとみられます。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/12/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM