最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
イトカワ微粒子の初期分析結果
『サイエンス』誌の2006年6月2日号が、”The Falcon Has Landed”(もちろんこれはアポロ11号の “The Eagle has landed” からとられています)という編集部の紹介記事とともに、小惑星イトカワの特集号を組んだころ、「はやぶさ」は絶望的な通信途絶からようやく立ち直り、翌年のイトカワ出発をめざして準備を進めているところでした。その後の困難な旅の末に「はやぶさ」が地球にもち帰ったイトカワの微粒子について、『サイエンス』誌は8月26日号でふたたび特集を組みました。この号には、イトカワ微粒子の初期分析についての日本人研究者の論文が6編紹介されています。

Science_110826

どんなに小さな粒子であっても、小惑星からサンプルをもち帰って地上で分析すれば、多くのことがわかることを、イトカワ微粒子の初期分析の結果は示しました。改めてサンプルリターン・ミッションの重要性が証明されたといえるでしょう。

地上に落ちてきた隕石は小惑星からやってくると考えられてきましたが、S型小惑星であるイトカワ微粒子の酸素同位体比は普通コンドライトの1種ときわめてよく似ており、隕石が小惑星からやってきたものであることがはじめて証明されました。イトカワの母天体は直径20km ほどで、これが衝突によってばらばらになり、再集積してイトカワになったこともわかりました。イトカワ表面での宇宙風化についてもくわしい分析がなされ、宇宙風化によってイトカワ表面の物質が失われるスピードが推定されました。イトカワがあと10億年ほどでなくなってしまうことがわかったのは驚きでした。

また、PERSPECTIVES の欄では、ハワイ大学のAlexander N. Krot が「はやぶさ」ミッションの成果を簡単に紹介し、さらに「はやぶさ」以後の小惑星探査ミッションにふれています。

Science_110826

2014年打ち上げ予定の「はやぶさ2」は、C型の小惑星1999 JU3 をめざします。また、2016年打ち上げ予定のNASA のオシリス・レックスは、B型の小惑星1999 RQ6 をめざします。C型やB型小惑星の物質には、S型小惑星にはない水に関する情報が含まれていると考えられています。これらの小惑星の探査によって、地球のような天体の水に起源について貴重な情報が得られるであろうと、Knot は述べています。

▲PAGE TOP