最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
火星探査機キュリオシティーの着陸候補地
NASAの火星探査機キュリオシティー(マーズ・サイエンス・ラボラトリー)の打ち上げは11月25日に予定されています。火星着陸は2012年8月6日の予定です。

現在、着陸地点の候補は下の4か所にしぼられています。いずれも過去に水が存在していたことが明らかになっている場所です。キュリオシティーは移動しながら堆積物の地層を調査し、水に関係した硫黄や酸素を含む鉱物や、水の存在下で生成される粘土などを分析しながら、火星に水が存在していた時代の環境やその後の歴史を調べます。

Curiousity_landing_sites

北半球にあるMawrth 谷(下)は、過去に大量の水が流れた地形が存在する広大な地域にある、水の流れでつくられた谷です。火星で最も古いとみられる谷の1つで、古い時代の火星の水環境を調べるのに適した場所の1つと考えられています。

Mawrth

赤道近くにあるGale クレーター(下)は、かつて水が存在したと考えられているクレーターの1つです。中央には高さ4.8km もの高地があり、キュリオシティーが平地に着陸した後、高地を登りながら地層を調べます。

Gale

南半球のHolden クレーター(下)は直径160kmです。30億年以上前には川が流れこみ、水で満たされていたと考えられています。キュリオシティーは水の歴史を示す露頭を調べます。

Holden

直径64kmのEberswalde クレーター(下)はHoldenの近くにあります。ここも古い時代には水が流れこんでいたとみられています。

Eberswalde

キュリオシティーの飛行経路を最終的に決定するため、NASAは7月末までに着陸地点を決定するとしています。

▲PAGE TOP