東電裁判:あまりにも当然な無罪判決

0

    東京地方裁判所は、福島原発事故で東京電力旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、「巨大な津波の発生を予測できる可能性があったとは認められない」として、3人全員に無罪を言い渡しました。当然の判決といえます。

     

    20190919_01.jpg

     

    前にもここここで書いたように、この裁判で検察側が起訴の根拠としている「長期予測」はマグニチュード8クラスの地震しか想定しておらず、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震を予測することはできていませんでした。地震学者が予測できないものを東電が予測できたとするのは、非常に無理のある主張です。

     

    私はもう1つ、検察側の主張に問題があったと考えている点があります。それは東電設計による「津波高15.7m」という計算結果が信頼性の高いものであったかどうかです。コンピューター・シミュレーションというものは、パラメーター(媒介変数)の設定次第で、どんな結果でも導くことができます。科学的に信頼性の高いシミュレーションとは、正しいパラメーターを求め、計算モデルのチューニングを行ったものといえます。それでもなお、不確実性は残ります。

     

    東電設計のシミュレーションでどのような初期条件やパラメーターが用いられ、計算結果が科学的に妥当であったかどうかは、客観的に検証されなければなりません。計算結果が論文として作成され、査読という外部の評価を経たうえで、学術誌に掲載されれば、その計算結果は科学的妥当性をもちます。そうでないならば、それは試算の1つでしかありません。

     

    あれだけの被害が出て、責任が問われないのはおかしいという意見があります。私も当然だと思います。「地震は予知できる」といいながら巨大地震と巨大津波を予測できなかった地震学者自身が、まず自らの責任について語らなければなりません。

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:125 最後に更新した日:2019/11/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM