強力な台風やハリケーンの原因は地球温暖化

0

    Tropical Storms and Climate Change

     

    最近の非常に強い台風やハリケーンの発生は、地球温暖化による影響と考えて間違いありません。

     

    20190918_01.jpg

     

    千葉県を中心に各地に大きな被害をもたらした台風15号は、99日に観測史上1位の最大瞬間風速57.5mを記録する非常に強い台風でした。一方、アメリカでも観測史上最強クラスのハリケーン「ドリアン」がバハマに大きな被害を与えました。上は91日、バハマを襲うドリアンの衛星画像です。

     

    下の画像は94日の衛星画像です。4つのハリケーンと熱帯低気圧が写っています。中央のドリアンはカテゴリー2にまで勢力を落としていますが、大西洋の東には熱帯低気圧「ガブリエル」が発生しています。カリブ海を襲っているのは熱帯低気圧「ファーナンド」、カリフォルニア沖にいるのはハリケーン「ジュリエット」です。

     

    20190918_02.jpg

     

    強い台風やハリケーンの発生は地球温暖化にともなって、今後さらに増えていくでしょう。

     

    アメリカ気象学会の学術誌「Bulletin of the American Meteorological Society」のオンライン版に、NOAA(アメリカ海洋大気局)の研究者Knutsonらによる論文が掲載されています。この論文は、地球温暖化が進んだ場合のハリケーンや台風の発生について、世界の研究者がどう予測をしているかを評価したものです。

     

    論文によると、平均気温が2℃上昇した世界でのハリケーンや台風の発生について、多くの研究者は以下のように考えています。

     

    温暖化により海水が温められて膨張し、海水面が上昇するため、ハリケーンや台風襲来時の浸水被害が増加する。

    大気中の水蒸気量が増加するため、ハリケーンや台風がもたらす降水量は全地球的に増加する。

    ハリケーンや台風の最高風速は増加する。

    カテゴリー45の強力なハリケーンの発生頻度が増加する。

     

    世界の研究者は気候モデルを使ってさまざまなシミュレーションを行っていますが、おおむね、以上のような結論になっています。観測史上例をみない強力な台風やハリケーンが、これからも次々と私たちの暮らしを襲ってくるでしょう。温室効果ガス排出を削減する努力とともに、被害を最小限に食い止めるための対策が緊急の課題になっています。



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM