系外惑星の大気に水蒸気を発見

0

    Water Vapor on Habitable-Zone Exoplanet

     

    ハッブル宇宙望遠鏡は系外惑星K2-18bの大気に水蒸気を観測しました。

     

    20190915_01.jpg

     

    地球と同じ岩石型の系外惑星の発見は、今では珍しくありません。まや、ハビタブルゾーン(母星から適度の距離にあり、惑星表面に水が液体で存在できる領域)をまわる岩石型惑星も発見されています。しかし、ハビタブルゾーンをまわる岩石型惑星の大気で水蒸気(水分子)が発見されたのは、これが最初です。

     

    K2-18b2015年に系外惑星探査機「ケプラー」が発見した系外惑星で、しし座の方向、約110光年の距離にあります。赤色矮星のまわりをまわっており、質量は地球の約8倍といいますから、直径が地球の約2倍ある「スーパーアース」です。

     

    イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが、ハッブル宇宙望遠鏡が2016年と2017年に観測したデータを分析したところ、大気中に水分子、さらに水素やヘリウムの存在が示されました。ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡などによる今後の詳細な確認が必要ですが、K2-18bの大気に水分子が存在しているとすれば、その表面には液体の水、すなわち海があり、生命に必要な環境が存在しているかもしれません。

     

    20190915_02.jpg

     

    生命をはぐくんだ私たちの地球は、はたして宇宙において特別な存在なのでしょうか?



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM