NASAのアルテミス計画:月面最初の女性宇宙飛行士

0

    ArtemisThe First Female Astronaut on the Moon

     

    ペンス副大統領は326日の国家宇宙会議の演説で、NASAの月着陸のゴールを4年早めると同時に、「月面に立つ最初の女性と次の男性は、両方ともアメリカの宇宙飛行士でなくてはならない」とも語りました。

     

    20190612_01.jpg

     

    当初目標の2028年月着陸が4年早まった理由は、「中国はNASAが目標としている2028年より前に、中国の宇宙飛行士を月に送る計画をもっている」とアメリカが考えているからです。こうした憶測は以前からありましたが、おそらくアメリカはより確度の高い情報を得ていると思われます。

     

    さらにアメリカは、「中国が想定している月着陸クルーには、女性宇宙飛行士が含まれる」との情報もつかんでいるのです。現在の中国の宇宙飛行士部隊のメンバー構成をみれば、その女性宇宙飛行士が王亜平さんであることは間違いないでしょう。

     

    20190612_02.jpg

     

    王さんは人民解放軍空軍のパイロットで2010年に宇宙飛行士に選抜されました。2013611日に打ち上げられた神舟10号に搭乗し、劉洋さんにつづいて、宇宙を飛んだ2人目の中国人女性宇宙飛行士となりました。現在は中国が建設する宇宙ステーションのミッションに向けて訓練中です。

     

    中国の伝説では、月には「嫦娥」という女神が住んでいます。王さんは中国メディアの取材に答え、「月に行くことができたら、嫦娥のような衣装をまとってみたい」と語っています。「世界で最も美しい女性宇宙飛行士」と中国メディアに書かれる王さんが月面最初の女性宇宙飛行士となり、「月の女神」になってしまったら、中国の宇宙計画にとってこれほど大きな宣伝効果はありません。一方、アメリカにとってはきわめて大きな失点となります。

     

    「宇宙における劇的成果は世界のリーダーであることの重要な指標になりつつある」。アポロ計画のきっかけとなった、当時のリンドン・ジョンソン副大統領のメモの一節が思い出されます。

     

    かつてソ連は、「社会主義国では労働者の女性でも宇宙に行ける」ことを示すために、工場で働いていたワレンチナ・テレシコワさんをボストーク6号に搭乗させました。宇宙を飛んだ世界初の女性としてテレシコワさんはとても有名になりました。

     

    20190612_03.jpg

     

    ソ連共産党は、宇宙開発の成果を社会主義の勝利を示すプロパガンダとして利用しました。中国のその手法をよく学んでおり、宇宙開発を政治や外交のツールとして使っています。そのため、アメリカと中国の月着陸競争は、どちらが地上と宇宙の両方で主導権を握るかというきわめて政治的な側面をもたざるを得ないのです。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:115 最後に更新した日:2019/06/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM