Hen2-104:南のかに星雲

0

    Hen2-104Southern Crab Nebula

     

    ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したケンタウルス座の惑星状星雲Hen2-104(南のかに星雲)です。

     

    20190421_04.jpg

     

    Hen2-1041960年代に発見されたときは普通の恒星と考えられていましたが、1989年のESOでの観測によって、カニの形をしたガスの広がりが観測され、惑星状星雲であることがわかりました。今回の画像は、ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ29周年を記念して20193月に撮影が行われたものです。

     

    20190421_02.jpg

     

    ハッブル宇宙望遠鏡の画像から、Hen2-104の微細な構造が分かります。

     

    20190421_03.jpg

     

    Hen2-104の中心は赤色巨星と白色矮星の連星系です。2つの星は非常に近接しているので、この画像では見分けることはできません。そこからガスが美しい砂時計の形に広がっています。過去数千年のガスの流れです。その外側にはかつて噴出していたジェットのなごりが見えています。中心に近いところに明るいリングが2つ見えています。これは最近のガスの噴出によってできたものです。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM