最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
リンの代わりにヒ素を利用する微生物を発見
NASA のヘッドクォーターで、USGS(アメリカ地質調査所)のアストロバイオロジスト、フェリサ・ウォルフ-シモン(一番左)らの研究チームが発見した微生物についての記者発表が行われました。

NASA

この微生物は、カリフォルニア州のモノレイクで発見されたGFAJ-1 という株で、ガンマプロテオバクテリアという普通に存在するバクテリアのグループに属しています。ところがこのGFAJ-1 には、これまで知られている地球上のすべての生物と異なる点がありました。生命の基本構成元素の1つであるリンの代わりにヒ素を利用していたのです。ヒ素は普通、生物にとっては毒となる元素ですが、このGFAJ-1 を、リンが存在せずヒ素を含んだ環境で培養したところ増殖することが確認されました。研究チームの論文は『サイエンス』誌の電子版に掲載されましたが、論文のタイトルは「リンのかわりにヒ素を使って生育できる微生物」となっています。

GFAJ-1

リンはDNA の材料となっている元素の1つですが、GFAJ-1 のDNA ではリンがヒ素に置き換わっていました。細胞内のエネルギー利用や呼吸に重要な役割を果たすATP やNADH、アセチルCoA などの物質でもリンが窒素に置き換わっていました。地球上の生命に必須な元素であるリンの代わりにヒ素を用いる生物が、他の天体ではなく地球で発見されたことは、宇宙における生命の形態についてさまざまな可能性があることを実証したといえるでしょう。

モノレイクは高塩分、高アルカリ、かつヒ素の濃度が高い特殊な環境にあり、こうした環境が、地球上のエイリアンともいえるGFAJ-1 という微生物を誕生させ、進化させたわけです。それがいかなるプロセスで起こったのか、非常に興味がもたれます。この研究はNASA の資金で行われました。

▲PAGE TOP